終演(しゅうえん)()げる(もの) メフィスト/Curtain Call Announcer, Mephisto》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ペイルムーン - デーモン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
奇術 - 【起】【(V)】【ターン1回】:[Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] そのターン中、このユニットは『【永】【(V)】:あなたのターン中、Gゾーンの表の「終演を告げる者 メフィスト」1枚につき、あなたのユニットすべてのパワー+1000。』を得、Gゾーンの表の奇術能力を持つカード2枚につき、ソウルから1枚まで選ぶ。選んだカードを別々の(R)にコールし、そのターン中、そのユニットのパワー+5000。そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットをソウルに置く。

 刃華超克で収録されたペイルムーンGユニット

 1ターンに1回、Gゾーンから裏のカード1枚を表にすることで、『Gゾーンの表の《終演を告げる者 メフィスト》1枚につき、ユニットすべてにパワー+1000を与える永続能力』を得、Gゾーンの表の奇術能力を持つカード2枚につき、ソウルから1枚までをスペリオルコールし、そのユニットパワー+5000を与え、そのターンの終了時にこの効果スペリオルコールされたユニットソウルに置く奇術起動能力

 得られる永続能力効果量は、Gゾーンの表の2枚目以降の枚数に依存している上に1枚につきパワー+1000、最大でパワー+3000とやや効率は悪い。
 それでも《道化魔竜 ルナテック・ドラゴン》が得る自動能力と比べて、ソウルからスペリオルコールしていないユニットにも対応するという点で勝り、1枚分の効果でそれぞれの縦列にユニットを2枚を並べておけば合計パワー+2000と同等の効果量となる。

 ソウルからスペリオルコールを行う効果時限誘発付きな上に基本的に8ターン目以降でしか使えないが、Gゾーンの表の奇術能力を持つカード2枚につき1枚をスペリオルコールパワーまで与えることができる。
 スペリオルコール枚数はGゾーンの表の奇術能力持ちのカードの枚数に依存していることから、その枚数が1枚以下の場合はスペリオルコールはできないものの、仮に10枚以上あるなら最大で5枚までをスペリオルコールができる。

 《フライング・ペリュトン》等をスペリオルコールして連鎖的なスペリオルコールに繋げ、ユニットの枚数を稼げば永続能力が活きるようになる。

 効率を上げる為、事前に《獣花の大奇術 プラーナ》《愛満ちる幻道化 マーヤ》等の奇術能力持ちのGユニット超越またはコールしておくのが良いだろう。

  • 2016年2月15日にエラッタが告知され、起動能力に「【ターン1回】」の表記が抜けていたのが修正されている。
  • アニメ「ギアースクライシス編」では弓月ルーナが使用するカード
    実際にファイトで使用したのは第21話(VS新導クロノ)からだが、登場自体は第16話の「ラミラビにアタックされよう会」が先である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

少なくとも「今ではない」時間軸で、“ペイルムーン”サーカス団の副団長を務めるという悪魔。
その真偽を確かめる術はないが、その力は副団長という地位を十分に納得させる、文字通り悪魔的な代物である。

彼が行うステージの特徴は、ショーの途中で観客と一つの契約を交わすこと。
「ひと時の享楽と、貴方のその後すべての時間を交換する」――
当然、正常な精神状態で、その契約にサインする者は居ないだろう。
しかし、事実としてこの契約は幾度となく交わされている。
その気になれば、数百の観客をまとめて「楽しませる」事も出来るのだという。

ショーを締めくくる、彼の最後の決まり文句を知る者は、団員以外には存在しない。
「楽しい夜も、終わりの時間が近づいてまいりました。……また来世お会いしましょう」

FAQ 節を編集

  • Q1911 (2016-02-18)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1913 (2016-02-18)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1915 (2016-02-18)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。
  • Q1917 (2016-02-18)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1920 (2016-02-18)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q1952 (2016-02-18)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/016 RR イラスト/前河悠一では、また来世にお会いしましょう。