夢踊る彩翼(ドリーミィ・アクセル) ミルワード/Dreamiy Axel, Milward》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ペイルムーン - ワービースト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
奇術 - 【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【ソウルブラスト】(1),Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] ソウルから2枚まで選び、別々の(R)にコールし、そのターン中、パワー+4000し、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットをソウルに置く。あなたのユニットをGゾーンの表の「夢踊る彩翼 ミルワード」と同じ枚数選び、そのターン中、【自】(V)/(R)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、ソウルから1枚まで選び、ユニットのいる(R)にコールする。』を与える。

 ファイターズコレクション2016で収録されたペイルムーンGユニット

 ジェネレーションブレイク(2)は、1ターンに1回、ソウルブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、ソウルから2枚までをスペリオルコールし、パワー+4000を与え、Gゾーンの表の《夢踊る彩翼 ミルワード》と同じ枚数のユニットに『アタックヴァンガードヒットした時にソウルから1枚までをスペリオルコールする自動能力を与え、そのターンの終了時にこの効果コールされたユニットソウルに置く奇術自動能力

 ソウルブラスト(1)はソウルを増やしやすいデッキであれば、極めて軽いコストといえ、ソウルにある不要なカードコストにするのが良いだろう。

 ターンの終了時にソウルに置く時限誘発付きとはいえ、手軽にソウルから2枚分のスペリオルコールが行え、パワーも与えるので《エッグ・ジャグラー》《パープル・トラピージスト》といったパワーの低いカードも使いやすい。

 与えられる自動能力は、基本的に8ターン目以降でしか使用できない上にアタックヴァンガードヒットした時という厳しい誘発条件が課せられているが、能力を与えるユニットに制限は無いので、高パワーのこのカード《ダークサイド・プリンセス》に与えるならば十分誘発は見込める。

 与えた能力誘発に成功すれば、ソウルからスペリオルコールによって、疑似スタンドができる。
 奇術能力スペリオルコールしたリアガードのいるリアガードサークルスペリオルコールを行えば、ターンの終了時の時限誘発ソウルに置かれる事はないので、疑似スタンドに向かないパワーの低いカードスペリオルコールしても十分アドバンテージとなる。

 自動能力を与えるユニットの枚数はGゾーンの《夢踊る彩翼 ミルワード》の枚数に依存するので、事前に《獣花の大奇術 プラーナ》等の能力コスト等で裏の《夢踊る彩翼 ミルワード》を表にしておけばジェネレーションブレイク(2)が有効になった段階でこの能力コストと合わせて2枚を選べるようになる。

 ただし、Gゾーンに表の奇術能力持ちのカードが4枚以上あるなら、コストが軽くて上昇パワーも高い《終演を告げる者 メフィスト》の方がフィニッシャーにしやすいので、うまく使い分けていきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2066 (2016-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2067 (2016-04-28)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2068 (2016-04-28)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q2070 (2016-04-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2071 (2016-04-28)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q2072 (2016-04-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q2076 (2016-04-28)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q2082 (2016-04-28)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/005 GR イラスト/麻谷知世くるくる回って歌って踊る。 心がゾクゾク騒ぎ出す。