【ヴァンキッシャー】

概要

 「ヴァンキッシャー」や雷激能力、及びそれらのサポートを軸とした【なるかみ】

 相手カード退却バインドをして雷激能力を有効にし、爆発的なパワーを得て畳み掛けることを狙いとしている。

構築について

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点

 相手バインドゾーンの枚数を稼ぐことで雷激能力を有効にしたり爆発力を高めることを狙いとしているので、それを妨げられると動きが鈍ったり、爆発力がなくなってしまう。

 バインドを行う手段やそれを利用する能力の多くはGユニットジェネレーションブレイクに依存しているので、5〜6ターン目でのノーマルライドを見送られると簡単に防がれてしまう。
 また、相手バインドゾーンを十分に稼ぎ終えた後なら問題ないが、相手カードバインドする手段の大半がリアガード退却を中継する必要があるため、限定的ではあるが、【むらくも】【スパイクブラザーズ】等の、リアガードをあまり残さずに相手ターンを渡すことが可能なデッキに対しては、他の【なるかみ】と同様に持ち味がほとんど発揮できない状態となってしまう可能性がある。
 相手リアガードが1枚でもいるなら、《チェインボルト・ドラグーン》を絡めて相手バインドゾーンを必要な枚数分まで稼げる可能性もあるが、相手リアガードが1枚もいない状態となってしまうとギミックに関わるほとんどのカード能力を十分に発揮できなくなる状況に陥る場合もある。
 《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》等を利用することで、ある程度のパワーの増強は可能だが、それにも使用回数に限りがある。
 《雷龍騎士 ゾラス》《魔竜戦鬼 チャトゥラ》等、退却を必要としないカードを利用せずとも稼げる可能性があるが、誘発条件が厳しく不安定なそれらに頼り切るには不安が残る。

 局所的なものだと、《戦場の歌姫 クロリス》バインドゾーンを逆に利用された上に消費させられると、雷激能力が有効でない状態にされてしまう上に相手バインドゾーンを稼ぎ直すことになってしまうため、《戦場の歌姫 クロリス》はなんとしても処理しておきたい。
 また、バインドゾーンで有効になる能力を持つカードバインドゾーンの表のカードを再利用する類の能力を持つカードの存在を考慮すると、《チェインボルト・ドラグーン》等のバインドするカード相手に選ばせてしまうものは逆に利用される可能性がある点に注意しておきたい。

関連リンク