《マーシャルアーツ・ドラゴン/Martial Arts Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
なるかみ - サンダードラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させ、表でバインドする。
【永】【(R)】【Gブレイク】(1) 雷激2(相手のバインドゾーンが2枚以上で有効):あなたのターン中、このユニットのパワー+3000。

 天舞竜神で収録されたグレード2のなるかみ

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、相手前列リアガード1枚を退却させ、表でバインドする自動能力

 基本的な使用タイミングは3~4ターン目とかなり限られてしまうが、相手前列リアガード退却させつつ、相手バインドゾーンの枚数を稼げる。

 バインドを行うことで退却させても相手ドロップゾーンが増えないので、シークメイト儀式能力等のドロップゾーンを利用する能力を妨害でき、《ハードロッド・ドラコキッド》との併用で実質的なコストソウルブラスト(1)に抑えるといった動きにも繋げやすくなる。

 後々に利用する雷激能力を有効化する補助手段にもなり、この能力を利用するだけでも《トレイニーモンク・ドラゴン》《アセティック・ドラコキッド》雷激能力の有効化に繋げることができる。

 また、5~6ターン目でこのカードグレード2のユニットライドした場合でも、相手《エアーエレメント シブリーズ》《エアーエレメンタル ツイテルン》の利用を防ぎつつ、実質カウンターブラスト(1)で、相手リアガードを1:1交換の効率で削れるので、相手超越スキルシークメイトの利用を遅らせる時間稼ぎとして有力な手段となる。

 2つ目の能力は、パワー+3000を得るジェネレーションブレイク(1)と雷激2の永続能力

 ジェネレーションブレイク(1)と雷激2を有効にする手間がかかるもののシールド5000要求が行える単独パワー12000を恒常的に発揮でき、《凱旋の雷 レシェフ》とならシールド10000要求のパワー16000ライン《ドラゴンダンサー ベルナデッタ》とならシールド15000要求のパワー21000ラインの形成が狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1936 (2016-11-10)
    Q. どのような効果でバインドしたカードであっても、雷激の条件の枚数として数えてよいのですか?
    A. はい、そうです。裏であっても表であっても、どちらのファイターのカードの効果によってバインドされたものであっても条件として数えられます。
  • Q1937 (2016-11-10)
    Q. 「雷激 X」で相手のバインドゾーンがX枚の2倍ある場合、その効果は2倍になりますか?
    A. いいえ、2倍にはなりません。
  • Q1951 (2016-11-10)
    Q. 「退却させ、バインドする」は「退却させた時」や「リアガードがドロップゾーンに置かれた時」の条件を満たしますか?
    A. はい、満たします。リアガードがドロップゾーンに置かれた後、バインドゾーンに置かれるからです。
  • Q1969 (2016-11-10)
    Q. 「退却させ、バインドする」という能力で「古代竜 イグアノゴーグ」を退却させ、バインドしました。「古代竜 イグアノゴーグ」の能力で、コールすることはできますか?
    A. いいえ、できません。「古代竜 イグアノゴーグ」の能力の誘発はしますが、ドロップゾーンからバインドゾーンへの領域移動の中で「払ったら、このカードを(R)にコールする。」のテキストの「このカード」が存在しなくなるため、コストを払ってもコールできなくなります。
  • Q1970 (2016-11-10)
    Q. 「スタンプ・ラッコ」のような「カードの効果で退却しない」ユニットはどのように処理されますか?
    A. 可能な限り効果は処理されるため、退却は出来ませんが、バインドを行うので「退却できず、リアガードを表でバインドする」という処理が行われます。尚退却が出来ない為、「ドロップゾーンに置かれた時」能力は誘発しません。

収録情報 節を編集

ブースターパック天舞竜神G-BT09/067 C イラスト/HMK84昨日より少しでも速く。 昨日より僅かでも強く。