《ドラゴニック・ヴァンキッシャー/Dragonic Vanquisher》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【Gブレイク】(2):あなたのカードの効果で、相手のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、そのターン中、このユニットのパワー+3000/クリティカル+1。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させ、表でバインドする。

 風華天翔で収録されたグレード3のなるかみ

 ジェネレーションブレイク(2)は、効果相手リアガード退却した時にパワー+3000/クリティカル+1を得る自動能力

 《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》自動能力の制限をジェネレーションブレイク(2)にしたもので、同様にクリティカル3以上を狙うこともできる。
 ジェネレーションブレイク(2)の制限の有効化が遅く、コストに余裕があるのであれば《真・抹消者 フィニッシュブロー・ドラゴン》の方が早い段階から使え、パワーも稼ぎやすいのが難点となる。
 更にこちらの場合は自身に誘発する能力も無いのでリアガード等に依存してしまう点も大きな欠点である。

 《護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン》等の能力を利用すれば他のファイターターンでも利用できるので、相手ターン《チェインボルト・ドラグーン》等とも合わせて守りに活かす使い方もある。

 ストライドスキルは、カウンターブラスト(1)で相手前列リアガード1枚を退却させ、表でバインドするというもの。

 《ドラゴニック・ブレードマスター》と比べると効果対象が前列のみと限られているが、そのカードをそのままバインドすることで再利用を封じることができる。

 効果で選べるのは主にグレード2以上のリアガードとなり、インターセプト潰しが狙い易い。
 シークメイトの連発を狙うデッキに対しては、ドロップゾーンを増やさせないことによる単純なドロップゾーン利用の阻害だけでなく、シークメイトの指定カードのドロップゾーンからの供給を絶ち、双闘自体を困難にさせる働きが期待できる。

 また、《デザートガンナー ショウラン》《ハーブリンガー・ドラコキッド》を併用すればバインド行為そのものがパワーの増加に繋がる。

 雷激能力を有効にするための相手バインドゾーンの枚数稼ぎの用途でも活躍を期待できる。

  • 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」からは早尾アンリも使用する。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

帝国の誇る二大柱軍が一つ、“なるかみ”の一員。
かつての大戦時には、侵略者の大部隊をたった一人で壊滅させ、名を上げた戦士。
その功績を受けて「征服者(ヴァンキッシャー)」の名を賜り、現在は数百の兵を率いる指揮官として名を馳せている。
世界を巻き込む大きな紛争は起きていないものの、戦いを日常とする“ドラゴンエンパイア”には、内乱や国境付近の紛争が絶えない。
しかし、彼が率いる部隊は戦いの場には姿を見せなかった。
「力を誇示するための戦いに意味はない。進むべき道を切り開くためにこそ、力を振るうのだ」
かつて、この星を守るために戦い抜いた戦士の言葉に、血気盛んな部下達も畏怖の念を抱き、修練に励み続けている。
伏竜達が目覚め進み出す時、その道は必ずや、覇道となるのだ。

FAQ 節を編集

  • Q1155 (2015-02-19)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1159 (2015-02-19)
    Q. 「退却させ、バインドする」は「退却させた時」や「リアガードがドロップゾーンに置かれた時」の条件を満たしますか?
    A. はい、満たします。リアガードがドロップゾーンに置かれた後、バインドゾーンに置かれるからです。
  • Q1160 (2015-02-19)
    Q. 複数のリアガードが同時にドロップゾーンに置かれた場合、このカードの能力は何回発動しますか?
    A. ドロップゾーンに置かれたカードの枚数分発動します。
  • Q1440 (2015-07-16)
    Q. 「退却させ、バインドする」という能力で「古代竜 イグアノゴーグ」を退却させ、バインドしました。「古代竜 イグアノゴーグ」の能力で、コールすることはできますか?
    A. いいえ、できません。「古代竜 イグアノゴーグ」の能力の誘発はしますが、ドロップゾーンからバインドゾーンへの領域移動の中で「払ったら、このカードを(R)にコールする。」のテキストの「このカード」が存在しなくなるため、コストを払ってもコールできなくなります。
  • Q2737 (2016-11-10)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2781 (2016-11-10)
    Q. 複数のリアガードが同時にドロップゾーンに置かれた場合、このカードの能力は何回発動しますか?
    A. ドロップゾーンに置かれたカードの枚数分発動します。
  • Q2817 (2016-11-10)
    Q. 「退却させ、バインドする」は「退却させた時」や「リアガードがドロップゾーンに置かれた時」の条件を満たしますか?
    A. はい、満たします。リアガードがドロップゾーンに置かれた後、バインドゾーンに置かれるからです。
  • Q2843 (2016-11-10)
    Q. 「退却させ、バインドする」という能力で「古代竜 イグアノゴーグ」を退却させ、バインドしました。「古代竜 イグアノゴーグ」の能力で、コールすることはできますか?
    A. いいえ、できません。「古代竜 イグアノゴーグ」の能力の誘発はしますが、ドロップゾーンからバインドゾーンへの領域移動の中で「払ったら、このカードを(R)にコールする。」のテキストの「このカード」が存在しなくなるため、コストを払ってもコールできなくなります。
  • Q2844 (2016-11-10)
    Q. 「スタンプ・ラッコ」のような「カードの効果で退却しない」ユニットはどのように処理されますか?
    A. 可能な限り効果は処理されるため、退却は出来ませんが、バインドを行うので「退却できず、リアガードを表でバインドする」という処理が行われます。尚退却が出来ない為、「ドロップゾーンに置かれた時」能力は誘発しません。

収録情報 節を編集

ブースターパック風華天翔G-BT02/004 RRR イラスト/安達洋介下がれ! 我が行く道を遮る者よ!
G-BT02/S03 SP イラスト/安達洋介ドラゴンに逆らう者は、跡形すら残らない。
ブースターパック天舞竜神G-BT09/S17 SP イラスト/安達洋介(※なし)