【グランブルー】 節を編集

概要 節を編集

 ドロップゾーンにあるカードの利用を得意とする防御的なデッキ
 ブースターパック竜魂乱舞」より、クラン統一でデッキ構築が可能となっている。

 リアガードコストドロップゾーンからスペリオルコールを行う能力によって、インターセプト出来るカードコールしたり、フィールドを整える事が容易なことが強み。他にもスペリオルライドドロー行う能力を持ったカードが多数存在し、安定性が高い万能なクランでもある。

 取り回しが複雑なので、使いこなすにはそれなりの経験と慣れが必要な玄人向けと言える。

構築について 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 《氷獄の冥王 コキュートス “Я”》《七海覇王 ナイトミスト》《死海の呪術士 ネグロボルト》等の存在でリアガードの不足はある程度補えるが、爆発力は高いとは言えない。

 そのせいもあり、どちらかと言うと着実にアドバンテージを取って立ち回ることになりやすいが、ドロップゾーンを肥やす行為はデッキアウト山札トリガーユニットの枚数の低下に繋がりうるため、長期戦になりすぎるとかえって不利になる。
 また、アドバンテージを稼げる能力を持つカードは低パワーのものが多く、パワー18000ラインを作るのが難しい。
 場合によってはパワー16000ラインの構築すらままならない場合もある。

 また、いずれのデッキタイプでもインターセプトを活用することが戦術上の前提となりやすいため、局所的ではあるが【封竜】を始めとしたインターセプト封じを得意とするデッキとかなり相性が悪い。

関連リンク 節を編集