根絶者(デリーター) 節を編集

概要 節を編集

 「根絶者(デリーター)」を中心としたデッキ。

 相手ヴァンガードデリートすることで大幅な弱体化を図り、相手ドロップゾーン裏でバインド(バニッシュデリート)することによるドロップゾーンの利用を阻害する事を狙うデッキ

 デリートされたヴァンガードパワー0となり能力なしの状態となることで、相手ヴァンガードに対する要求シールド値が底上げできる。
 加えて、《隠密魔竜 マンダラロード》《看護師長 シャムシャエル》等の防御面に秀でた能力も封じることができる為、相手ダメージゾーンの蓄積を積極的に狙っていくという、他の【リンクジョーカー】に比べてより攻撃的なデッキとなっている。

 デリートを行う能力は多くがコストで量と質を要求しており、継続的にデリートを維持し続ければ強力ではあるものの、実際に行おうとすると難しい場合が多い。
 いかにコストを確保し続け、デリートを継続しつつ、迅速な決着を行えるかが、このデッキのポイントとなる。

 また、他の【リンクジョーカー】が得意としている相手リアガード呪縛も、やや不得意にはなっているものの健在。
 基本的に【根絶者】はデリート能力コストとして、退却コストドロップコストが多いため、カードアドバンテージを失いやすく、防御面で不安を抱えている為、呪縛で補っていきたい。

 その他の特色として、一部デッキに対して強烈なメタ性能を発揮する点が挙げられる。

 デリートライドした時やGユニット超越した時に誘発する能力も潰せる他、《旭光の騎士 グルグウィント》《黒衣の戦慄 ガウリール》《威圧怪人 ダークフェイス》等のターンファイターでなくとも使える能力を持つカードを軸にしたデッキを封殺できる。
 更にノーマル超越再ライドを強制する為、一部ヴァンガードサークルに留まり続ける事で真価を発揮するカードに対しても負荷を掛けられる。

 相手ドロップゾーンの裏でのバインドは、シークメイト【ネオネクタール】といったドロップゾーンカードコストとして扱うデッキや、直接ドロップゾーンカードを活用する【グランブルー】【神器】に対して強い妨害が可能。

 と、このデッキの存在だけで、他のデッキを強く牽制できるという、他の【リンクジョーカー】に負けず劣らず、非常に影響力を持つデッキとも言える。

構築について 節を編集

「根絶者」のカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「根絶者」以外のカード 節を編集

 《威圧する根絶者 ヲクシズ》《絆の根絶者 グレイヲン》《混じり合う根絶者 ケヰヲス》等のコストの都合上、Gユニットを除くこれらのカードの採用は必要最低限に留めたい。

―Gユニット

―グレード1

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

関連リンク 節を編集