染み渡る根絶者(インスティル・デリーター) ヱンダー/Instill Deletor, Ender》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
リンクジョーカー - エイリアン パワー6000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者(守護者はデッキに4枚までしか入れることができない)
【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが手札から(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのアタックされているヴァンガードを1枚まで選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。さらに、あなたのドロップゾーンに「染み渡る根絶者 ヱンダー」があり、相手のヴァンガードがデリートされているなら、そのターンの終了時、相手のヴァンガードをすべてデリートする。(デリートされたユニットは裏向きになり、パワーが0でテキストを失う。持ち主の次のターンの終わりに表に戻る)

 先導者と根絶者で収録されたグレード1のリンクジョーカー

 《真空に咲く花 コスモリース》と同じ誘発条件コスト効果を持ち、さらに要件を満たすことで追加効果を発揮できる守護者である。
 要件を満たした場合の追加効果ターンの終了時に相手ヴァンガードデリートする時限誘発となっている。

 ターンの終了時にデリートを行う時限誘発は次のターンデリートを行う手間やリソースの消費を削減できるため強力。
 下準備として、2枚目以降をドロップゾーンに置いた上で相手ヴァンガードデリート状態にしておく必要があり、《真空に咲く花 コスモリース》と比べると汎用性は大きく下がっている。

 ターンの終了時の時限誘発相手ヴァンガードデリートを行うと、次のターンの開始時には既に相手ヴァンガードデリートされている状態になる。
 基本的に相手ヴァンガードデリートする効果を含む能力コストはいずれもカード1枚以上の消費を要求され、さらにそのコストエスペシャルカウンターブラスト等で厳しく制限されているものが多い。
 それを手札2枚の消費でヴァンガードへのヒットを防ぐついでにターンの終了時に時限誘発によるデリートを行え、次のターン《星雲竜 サイクリック・ドラゴン》《星雲竜 マキシマムシール・ドラゴン》等のデリートする効果を含まない能力を持つGユニット超越しやすくなるというのは《真空に咲く花 コスモリース》の追加効果を超えるアドバンテージである。

 しかし、デリート相手ノーマルライドノーマル超越によって突破されてしまうため、「相手ヴァンガードデリートされているなら」という要件を満たすこと自体が厳しい。
 結局は《ライトエレメンタル サニー》と同等の性能しか発揮できないという結果になりやすい。

 ノーマルライド《威圧する根絶者 ヲクシズ》ノーマル超越《禁ずる根絶者 ザクヱラド》でそれぞれある程度は阻害できるが、最終的に能力を活かせるかは相手手札に大きく依存する。
 また誘発条件要件の都合から、デリート状態のヴァンガード、あるいはそれほど要求シールド値の高くないリアガードアタック守護者を含む手札2枚を消費してあえて防がなくてはならないのも気になる点である。

 一応、このカードドロップゾーンにあるだけでも、相手ヴァンガードデリートされている状況でのユニットアタックを牽制することができ、デリートの持つノーマルライドまたはノーマル超越の強要性の向上に繋がる。

 【根絶者】における守護者としては同じ「根絶者」でリアガード効果目標にできる《拒絶する根絶者 ヱビル》デリートを起点に「根絶者」のユニットパワーを増やせる《撥ね退ける根絶者 ヰガルガ》、追加効果効果で多用するダメージゾーンカードを表にできる《真空に咲く花 コスモリース》も有力な候補となるため、このカードを採用するかはよく検討したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

宇宙を彷徨い、その軌道上の存在を呑み込む遊星「ブラント」。
この凶星に寄生する異形の存在《根絶者》の中でも、「ヱンダー」は遥か過去よりブラントを根城としてきた個体。
ブラントの軌道上に存在するあらゆるものを巻き込み、消去してきた根絶者である。
彼らの食糧は「苦痛」という概念。
ブラントに呑み込まれた哀れな犠牲者は、根絶者によって永遠とも思える苦痛を味わい、それが無くなった頃には消滅してしまう。
生あるすべてを否定し、貪食する――凶き星に住まう悪夢の住人たちは、今も万物を飲み込み、宇宙を脅かし続けている。


かつて、惑星クレイに接近した遊星「ブラント」に住まう、異形の存在《根絶者》の一種。他者の腕力・魔力・異能などあらゆる力を一時的に消去する恐るべき能力「デリート」。この「ヱンダー」は他の根絶者によってかけられた「デリート」の効果時間を倍化するという、非常におぞましい能力を備えている。両肩から生えた伸縮自在の突起物で毒素を注入し、力を失う恐怖を継続して味あわせる――醜悪なるその姿を見てしまった者は、絶え間ない喪失感と、終わらない絶望に苛まれ、失意のままこの世を去ることになるだろう。

FAQ 節を編集

  • Q1595 (2015-09-25)
    Q. デリートされているヴァンガードがさらにデリートされました。どうなりますか?
    A. デリートされているユニットをデリートしようとした場合、そのデリートでは何も行ないません。
  • Q1596 (2015-09-25)
    Q. ヴァンガードがデリートされるとどうなりますか?
    A. デリートされると、そのユニットをそのままの向きで裏向きにし、「デリートされているユニット」になります。持ち主のターンのエンドフェイズの始めに、そのファイターの「デリートされているユニット」はすべてそのままの向きで表に戻ります。「デリートされているユニット」はパワーが0になり、表面に書かれたテキストのみを失い、スキルアイコン、グレード、カード名、クリティカルなど他の情報は維持します。デリート前に受けたパワー修正、能力の追加や喪失効果は維持されます。デリートされたユニット自身に書かれていた永続能力によるパワー修正、能力の追加および喪失効果は維持しません。
  • Q1597 (2015-09-25)
    Q. デリートされたヴァンガードはバトルを行なえますか?
    A. はい、行なえます。ヒットした場合の処理やドライブチェック等も行なえます。
  • Q1598 (2015-09-25)
    Q. デリートされたヴァンガードをブーストできますか?
    A. はい、できます。
  • Q1599 (2015-09-25)
    Q. 双闘しているヴァンガードがデリートされると、双闘状態はどうなりますか?
    A. 双闘状態は維持され、ユニットはヴァンガードサークルに残ります。
  • Q1620 (2015-09-25)
    Q. 「相手のヴァンガードがデリートされているなら、そのターンの終了時、相手のヴァンガードをすべてデリートする。」とは、具体的に何が起こるのですか?
    A. ターン終了時にデリートが解除されたあと、能力の解決が行なわれるので、事実上もう1ターン分、デリートが維持されるということです。
  • Q1621 (2015-09-25)
    Q. カード名の違うカードであれば、他の「守護者」を持つカードを、4枚ずつ合わせて8枚入れることができますか?
    A. いいえ、「守護者」を持つカードは違うカード名のカードであっても、デッキに合計4枚までしか入れることができません。
  • Q1622 (2015-09-25)
    Q. このユニットの能力を使用したバトルで相手はドライブチェックを行ないますか?
    A. はい、行ないます。ヒットはしませんが、バトル自体はそのまま行なわれます。
  • Q1623 (2015-09-25)
    Q. このカードの能力のコストで、もう1枚の同名カードをドロップゾーンに置いた場合、「ドロップゾーンに○○があるなら~」の部分の効果を発動できますか?
    A. はい、できます。
  • Q1624 (2015-09-25)
    Q. リアガードだけがアタックされている時、このカードをガーディアンサークルにコールし、能力を使うことはできますか?
    A. はい、できます。
  • Q1648 (2015-09-25)
    Q. 「相手のヴァンガードがデリートされているなら、そのターンの終了時、相手のヴァンガードをすべてデリートする。」とは、具体的に何が起こるのですか?
    A. ターン終了時にデリートが解除されたあと、能力の解決が行なわれるので、事実上もう1ターン分、デリートが維持されるということです。

収録情報 節を編集

コミックブースター先導者と根絶者G-CMB01/012 RR イラスト/いけだ希望には届かない。絶望は終わらない。
G-CMB01/S06 SP イラスト/いけだ(※なし)