星雲竜(せいうんりゅう) ビッグクランチ・ドラゴン/Nebula Dragon, Big Crunch Dragon》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の「星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン」を1枚選び、表にする] あなたのGゾーンの表のカードが2枚以上なら、相手のリアガードを1枚選び、そのユニットと同じ縦列にいる相手のリアガードをすべて呪縛し、そのカードは、次の相手のエンドフェイズ中、解呪されない。(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)

 覇道竜星で収録されたリンクジョーカーGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGペルソナブラストGゾーンの表のカードが2枚以上なら、相手リアガード1枚と同じ縦列にいる相手リアガードすべてを呪縛し、そのカードは、次の相手エンドフェイズ中、解呪されなくなる起動能力を持つ。

 縦列1つにいるリアガードすべてを4ターンにわたって呪縛カードにできる。
 ただし、要件を満たすためには予め他のGユニット超越しておく必要があるため、8ターン目以降でしか使えない。

 また、同じ縦列の前列後列の2枚の呪縛に成功したとしても、《湖の巫女 リアン》《戦場の歌姫 スタシア》のような前列にいるユニットの存在や状態に依存せずに利用できる能力を持つものを呪縛できる、相手呪縛カードリアガードの枚数に関係する能力を併用できる、片方が抵抗持ちのリアガードでも呪縛できる、といった利点が生きる場合でなければ4ターン持続するとはいえ、実際は1枚を呪縛しているのと同義であることには留意しておきたい。

 解呪封じの効果を含むことで、《オルターエゴ・メサイア》《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》等の呪縛カード解呪された時に誘発する能力との相性はそれほど良くない。
 一方で、2ターン後に《星雲竜 マキシマムシール・ドラゴン》《創世竜 アムネスティ・メサイア》等の呪縛カードの枚数に依存する能力を持つカードに繋げることができ、それらとの相性は良いと言える。

 呪縛能力としては《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》と並び貴重となる、抵抗を回避可能な能力である。
 元のヴァンガードでは有効な呪縛が行えない場合にこのカード超越するといった使い道もある。

 【星輝兵】ではメインフェイズ能力を使用できる点は大きく、《伴星の星輝兵 フォトン》で更なる呪縛を行ったり、先に《凶爪の星輝兵 ニオブ》《魔爪の星輝兵 ランタン》手札からコールしてからパワーを上げる事もできる。
 他にも《星輝兵 ヴェノムダンサー》《星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン》の様に相手呪縛カードの枚数に依存する強力なフィニッシャー候補のグレード3との相性も良く、無理にGユニットを再超越する必要が無いのも強みである。
 【根絶者】では、エスペシャルカウンターブラストを必要とする状況が多いうえに消費も激しいのでダメージゾーンに置かれた「根絶者」でないカードコストにできる点は優秀といえる。
 ただし、非常に高い攻撃的な能力を持つ《始源根絶者 ヱヰゴヲグ》の存在もあるので状況に応じて使い分けたいところである。
 【メサイア】では、相手後列呪縛カード解呪されてもこちらに支障が無いようであれば、《轟脚のブラストモンク》《白色矮星のレディバトラー》能力解呪してパワーの増加に利用してしまうのも手ではある。

  • 超越時の台詞は「ジェネレーションゾーン、解放!」「跪け! さもなくば消え失せろ! ストライドジェネレーション! 《星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン》!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“メサイア”によって、惑星クレイと調和しようとしているリンクジョーカーの、未来の可能性。
かつて惑星クレイを侵略しようとした者たちとは別の理論から成る「呪縛」の力を操り、他者の力を一時的に封じる。
ビッグクランチ・ドラゴンは、呪縛の力に加え、魔力による「重力の変容」および「原子の運動エネルギーの転換」を組み合せる事によって、より強力かつ長期間にわたる力の制御を可能にしている。
呪縛によって封じられた力は、さらに仲間達の力へ転換することが可能。
他者を支配するための無力化というよりは、防衛及びエネルギーの供給として使われているようだ。

大きな力を持つ彼らだが、その力の使い道は、かつての者達とは異なる。
純粋な力に善悪はない。
それを振るう者次第で、侵略にも調和にもなるのだ。

  • 「ビッグクランチ(Big Crunch)」とは、予測される宇宙の終焉の一形態である。宇宙はビッグバンによって膨張を開始したとされているが、宇宙全体に含まれる質量がある値よりも大きい場合には、自身の持つ重力によっていずれ膨張から収縮に転じ、宇宙にある全ての物質と時空は無次元の特異点に収束すると考えられている。

FAQ 節を編集

  • Q1318 (2015-05-28)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1324 (2015-05-28)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。
  • Q1328 (2015-05-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1330 (2015-05-28)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/009 RRR イラスト/竜徹その一撃で、全ての原子が凍りつく。
G-BT03/S07 SP イラスト/竜徹宇宙は広がり、終わり続ける。