轟脚(ごうきゃく)のブラストモンク/Blast Monk of the Thundering Foot》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):このユニットがアタックした時、呪縛カードを1枚選び、解呪してよい。解呪したら、そのバトル中、このユニットのパワー+4000。

 カードファイトパックVol.17で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 ジェネレーションブレイク(1)は、アタックした時に呪縛カード1枚を解呪でき、解呪したら、パワー+4000を得る自動能力

 ノーコストで単体パワー13000にまで達するが、使えるタイミングが6ターン目以降と遅く、呪縛カードがあるという限られた状況下でしか使えないのが難点。

 相手【リンクジョーカー】であるなら手軽に使えるが、それでは使える状況が限定的過ぎる。
 基本的に《オルターエゴ・メサイア》《重力井戸のレディバトラー》等の能力コストで生成したこちらの呪縛カード、場合によっては効果で生成した相手呪縛カードも利用することになる。

 ただし、相手呪縛カード解呪すると呪縛自体の利点を喪失してしまうのはもちろん、インターセプトが可能となったり、《星空の解放者 ギネヴィア》効果量が増える等、逆にヒットが狙いにくくなる場合もある。

 相手呪縛カード解呪する際のリスクを最小限に抑えるなら相手呪縛カード後列にある呪縛カード解呪するのが無難である。
 相手《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”》を使っていたり、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《解放者 モナークサンクチュアリ・アルフレッド》等の呪縛カードを処理する手段を有している場合等、状況によっては相手前列にある呪縛カード解呪の対象に含めてしまっても良いだろう。

 また、パワー13000では、《虚ろの双刃 バイナリスター》等のブーストを受けなければパワー21000ラインに届かないのが難点である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカードカードファイトパックVol.17PR/0302 イラスト/HMK84解呪(アンロック)もまたリンクジョーカーの力だ。