烈脚(れっきゃく)のドリルモンク/Drill Monk of the Fierce Foot》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】:[他のあなたのリアガードを1枚選び、呪縛する] このユニットが、(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛し、あなたはその呪縛カードと同じ縦列にいるあなたのリアガードを1枚選び、呪縛する。
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの呪縛カードを1枚選んでよい。選んだら、そのターン中、このユニットのパワー+2000し、その呪縛カードは次のあなたのエンドフェイズに解呪されない。

 超極審判で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時に他のリアガード1枚の呪縛相手リアガード1枚を呪縛し、その呪縛カードと同じ縦列リアガード1枚を呪縛する自動能力

 相手リアガード呪縛する手段として見た場合、《中性子星のレディガンナー》と比べて狙った相手リアガード呪縛する用途にやや使いにくいが、5ターン目から利用できる。
 コストとは別に効果でこちらもリアガードを1枚呪縛することになるが、《真空崩壊のレディアタッカー》を併用せずとも、フィールドに置かれているリアガードの配置次第で回避できる。

 6ターン目なら、このカードライドコールを起点として呪縛カードを3枚確保し、《創世竜 アムネスティ・メサイア》能力クリティカルを得るために必用なリソースを揃えられる。

 2つ目の能力は、ヴァンガードアタックした時に呪縛カードを1枚選び、選んだら、パワー+2000を得て、その呪縛カードは次のエンドフェイズ中、解呪されないジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 選んだ呪縛カード解呪を防いで、以降のターンで利用するリソースとして残しておくことができる。
 単にパワー+2000を得る手段として利用する場合でも、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《白色矮星のレディバトラー》等の能力効果解呪することを前提とすればノーリスクで利用できる。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」では伊吹コウジが使用するカード

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「メサイア」によって再生された、クレイの新たなる生命“リンクジョーカー”の一員。自我の芽生えたサイバロイドの1人だが、自分たち以外の種族とほとんど接することが無いため、まだ感情表現に乏しい。主「メサイア」の命により、他の生物との過干渉を避け、種として自然な成長を待つだけだった新たな種族たち。しかし現在、戦闘能力に秀でて生まれた一部の者は、他ならぬメサイアの命令でクレイの宙域に潜み、極秘裏に警備を行っていた。この惑星に帰依しなかった“リンクジョーカー”――いまだクレイ宙域を漂い続ける「星輝兵」残党の動きが、突如活発化したからである。地上の混乱を知り、そこに付け込んで再び乱を呼び込もうとしていることは最早明白。袂を分かったかつての同胞を討つべく、彼らは密かに地上を離れた。音も重力も無い漆黒の宇宙(そら)。静かな戦いの幕が、人知れず上がる。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック超極審判G-BT08/066 C イラスト/葛谷荘人下手に動くな。無駄に苦しむことになるぞ。