星輝兵(スターベイダー)Ω(オメガ)” グレンディオス/Star-vader, "Omega" Glendios》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバーゴーレム パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(5)(あなたのダメージが5枚以上で有効):あなたのメインフェイズ開始時、相手の呪縛カードが5枚以上なら、あなたは勝利する。
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札からカード名に「Я」を含むカードを1枚選び、捨てる] 相手の呪縛カードすべては、次の相手のエンドフェイズ中、解呪されない。
【自】【(V)】:あなたのカード名に「Я」を含むユニットが(R)に登場した時、相手のリアガードを1枚選び、呪縛する。そのターン中、この能力は使えなくなる。
【永】【(V)】:あなたのカード名に「Я」を含むリアガードすべては《リンクジョーカー》にも属し、あなたのターン中、パワー+4000。

 無限転生で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 アルティメットブレイクは、メインフェイズ開始時に相手呪縛カードが5枚以上ならゲームに勝利する自動能力

 さらに、カウンターブラスト(1)と手札の「Я」のカード1枚のドロップで次の相手エンドフェイズ中、相手呪縛カード解呪されなくなるリミットブレイクに加え、1ターンに1回、「Я」のユニットリアガードサークル登場した時に相手リアガード1枚を呪縛する自動能力を持つ。

 永続能力によって「Я」のリアガードリンクジョーカーに属させ盟主の有効化を回避すると共に合計パワー15000になり、それ自体が強力な前列としても機能するようになる。

 自動能力呪縛は「Я」が必要とはいえ効率面では《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》起動能力以上であり、ユニットの重複処理の発生させた上で誘発させてもなお効率で上回る。
 起動能力は継続使用し複数枚の解呪を封じ続ければ多大なアドバンテージになり、容易に左列や右列でパワー21000ラインを達成できる永続能力も優秀、と3つの能力はそれぞれが十分に強力である。

 手札にもリアガードサークルにも「Я」のカードがなければバニラ同然となってしまうため、如何にして「Я」のカードを供給し続けるかが大きな課題となる。
 「Я」のカード手札に集めるサポートとして山札からなら《星輝兵 マグネットホロウ》《抜刀の星輝兵 ボーリウム》ドロップゾーンからなら《星輝兵 ルイン・マジシャン》によって手札に加える手段がそれぞれ存在している。

 起動能力で封じることができる解呪は、相手エンドフェイズ中かつ相手呪縛カードに限定されている。
 そのため、《アースエレメンタル ポックル》《創世竜 アムネスティ・メサイア》等の解呪能力によってエンドフェイズ以外のタイミングで行われる解呪までは封じることはできない。
 これらの解呪能力を用いられると消費したコストの分だけディスアドバンテージを負う上に、時間を稼がれて手札の「Я」のカードが枯渇してしまう危険性がある。
 解呪能力の大半はコストカウンターブラストを必要としているため、それらを警戒するならば起動能力の使用は避け、相手のリソースの枯渇を誘いつつ攻めるのが賢明だろう。

 「Я」のカード盟主を持つため、このカード永続能力によるサポートがなければユニットとしてまともに運用できず、採用自体に手札事故のリスクがつきまとう。
 ライドしてもリンクジョーカーや別の「Я」のカードコールすると盟主が適用され、それぞれコストで指定されたリアガードなしでは能力も使えず、そのまま戦い抜くことは困難である。
 《星輝兵 ワールドライン・ドラゴン》能力が使用できればツインドライブ!!ドライブチェックを2回行うよりグレード3のリンクジョーカー手札に加えられる確率は高いので、グレード3以上のカードライドを見送りつつ選択肢は十分考えられる。

 このカードの最大の弱点は、能力の使用に「Я」のカードが必須であるゆえに、通常であれば考えられないほどのグレード3のカードの過多を招く点にある。
 これによってまず懸念されるのがライド事故だが、これは《星輝兵 ワールドライン・ドラゴン》の活用によってかなりの程度軽減される。
 しかしシールドを持たないグレード3を多く手札に抱える事は守備面でのリスクにも繋がっている。
 呪縛相手の攻め手を減らすことによって対処していくことになるが、ヴァンガード単独での攻撃性能によってはあっさり突破されてしまうことも十分考えられる。
 専用のガーディアン要員である《禁忌の星輝兵 ルビジウム》も活用していきたい。

 1つ目の能力については、自身の能力のみで要件を達成するには最低でもカウンターブラスト(5)と10枚の「Я」のカードを使用する上に、起動能力の使用開始から11ターンかかり、現実味は薄い。
 《星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン》《落日の星輝兵 ダームスタチウム》ブレイクライド《星輝兵 ダークゾディアック》呪縛解呪封じの能力《滅星輝兵 “∞” グレンディオス》《星輝兵 コールドデス・ドラゴン》等の相手呪縛カードを生成する能力を組み合わせられれば「Я」の必要枚数とかかるターン数を大きく減らせる。
 《星輝兵 ダークゾディアック》《星輝兵 アストロリーパー》と合わせての採用枠の捻出が厳しく、《星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン》《落日の星輝兵 ダームスタチウム》ブレイクライドは「Я」との兼ね合いで使いにくい面もある。
 それらを使えたとしても自身や《滅星輝兵 “∞” グレンディオス》《星輝兵 コールドデス・ドラゴン》能力で不足を補う必要はある等、解決すべき課題は多い。

 その上、相手ダメージゾーンを5枚にさせないようにヴァンガードへのアタックを控えたり、リアガードサークルを1つ以上空け続ける事で能動的にこれを阻止することができる。
 前者を徹底するのは難しいことも多く、後者は《滅星輝兵 “∞” グレンディオス》《星輝兵 コールドデス・ドラゴン》によって突破することができる。
 そもそもこの能力に頼らずとも十分勝利できるだけの性能を持つカードなので、無理に狙う必要はないと言える。

 それでも無視できない能力であることは間違いなく、相手のプレイングに制約を与えるだけでも恩恵は大きい。
 また、状況次第では十分達成できるということでもあるため、状況に合わせた判断が求められる。

 このカード自体は盟主を持たないことでリンクジョーカー以外のユニットが存在しても特に影響を受けないので、採用する「Я」のカードと同じ別クランカードを採用することも不可能ではない。
 ただ、《星輝兵 ワールドライン・ドラゴン》を始めとしてこのカード以外のカード能力に支障をきたす場合も考慮することになるので、デッキの構築難度はさらに高まるだろう。

  • 「トリプルリバースキャンペーン」と題して、「無限転生に特別レアリティЯЯЯ』で収録」「無限転生の発売日同日よりゲット!トレジャーキャンペーンでノーマル仕様を交換できる」「月刊ブシロードのキャンペーンとしてシリアルナンバーつきの特殊仕様(100枚限定)を配布」という3つの特殊な方法で配布された。
    • ЯЯЯカードは封入率が極めて低く、月刊ブシロード版はそれ以上に当選確率が低い上に、このカードも複数採用が半ば前提となっているのでゲット!トレジャーキャンペーンが一番無難な入手方法であった。
      • レアリティカードを発売日当日からポイントの類いで交換できるのはヴァンガードどころかカードゲーム界でも異例中の異例といえる。
  • 3DS版「ロック オン ビクトリー」では、ラスボスとして立凪タクトが使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

意思ある者が“Я(リバース)”する時に生まれるという負のエナジー、それのみを糧とする「星輝兵」最強の終末兵器。 元は「カオスブレイカー・ドラゴン」が道楽で組み上げていた物であり、新型とはいえ通常のサイバーゴーレムとして稼動するはずだった。 しかし、“Я”の際に生まれるこの力を流用しようという彼の邪悪な企みが、この鎧傀儡を最悪の兵器へと進化させてしまう。 端々から漏れ出る紫の炎は、身体に内包しきれず溢れ出した負のエナジー。 構成物は「怨恨」「憤怒」「悲哀」「恐怖」「不安」「無念」――この中には絶望以外何も無い。 何一つ不純物など存在しない、純粋な絶望の塊。 あらゆるものを堕としめる為だけに創造された究極の悪夢。 鬼面の中から聞こえる哀しみと憎しみが混じり合った声は、取り込んだ力に残された記憶の欠片。 ほくそ笑む道化の傍ら、偽りの慟哭が星中に木霊する。

  • 「Ω(オメガ)」はギリシア文字の1つで、最後の文字である。
    • ちなみに関連カードの「Я」はキリル文字の最後の文字であり、最後の文字という共通点がある。

FAQ 節を編集

  • Q755 (2014-02-27)
    Q. このカードの【リミットブレイク4】能力を使用後、相手のリアガードを呪縛しました。その呪縛されたカードは次の相手のエンドフェイズ中に解呪されますか?
    A. いいえ、解呪されません。この能力はゲームのルールを変更するもので、カードを指定したり、カードの情報を修正したりする能力ではないからです。
  • Q756 (2014-02-27)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q757 (2014-02-27)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q758 (2014-02-27)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットを裏向きにし、ユニットから呪縛カードになります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの初めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードがあると、リアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行える手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q759 (2014-02-27)
    Q. このユニットがヴァンガードで「ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”」がリアガードにいる時、「ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”」はアタックできますか?
    A. はい、アタックできます。カード名に「Я」を含む「ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”」はこのユニットの能力で《リンクジョーカー》にも属しているため、互いに共通するクランに属しているからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/000 ЯЯЯ イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)それは、幾億の世界を滅ぼすために創られた終末兵器。
PRカードゲット! トレジャーキャンペーンPR/0188 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)それは、幾億の世界を滅ぼすために創られた終末兵器。
PRカード月刊ブシロード2014年4月号応募抽選PR/0189 イラスト/大張正己(STUDIO G-1NEO)ワールドエンド!世界は永遠に終わり続ける。