創世獣(そうせいじゅう) デスティニー・ガーディアン/Genesis Beast, Destiny Guardian》 節を編集

Gユニット  〈4〉
リンクジョーカー - サイバービースト パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】:このユニットが(G)に登場した時、呪縛カードを2枚まで選び、解呪する。この効果で合計2枚解呪したら、そのバトル中、このユニットのシールド+10000。

 超極審判で収録されたリンクジョーカーGユニット

 ガーディアンサークル登場した時に呪縛カードを2枚まで解呪し、2枚解呪したら、シールド+10000を得る自動能力を持つ。

 《惑星鉱石のレディサーチャー》と同様に呪縛カード解呪することでシールドを得られる。

 呪縛カード解呪を行うことで生じるリスクリターンに関しても《惑星鉱石のレディサーチャー》と基本的には同様だが、このカードの場合は2枚まで解呪することができる。
 ただし、2枚解呪しなければ追加のシールドを得ることができないというより癖のある性能となっている。

 2枚の解呪シールド+10000を得るので増加効率こそ同じとはいえ、呪縛カード2枚というリソースの確保は容易ではない。

 とはいえ、どうしてもアタックヒットを阻止しておきたい場面では、相手呪縛カード《創世竜 フラジオレット・メサイア》《烈脚のドリルモンク》等で解呪せずに保持しておいた呪縛カードを切り崩してでも利用する余地はある。

 特にこちらが呪縛カードを利用を重視しないデッキである場合でも、相手呪縛カードの存在に依存した能力を扱っているのであれば、《創世竜 アムネスティ・メサイア》等と並んでGデッキに入れておくたけでそれに対処できるする強力な対抗策になり得る。
 呪縛カードの処理手段としては、《創世竜 アムネスティ・メサイア》と比べると解呪できる枚数は2枚までとなり、《落日の刀身 ダスクブレード》等でそのターン中に再度呪縛されてしまう可能性が残るものの、コストが不要であることに加えて即効性があるのでインターセプトを行えるカード解呪して追加のシールドを得たり《滅星輝兵 グルーボール・ドラゴン》等の能力効果量を最大で2枚分減らせるといった利点がある。
 特に《創世竜 アムネスティ・メサイア》超越すると関連するサポートの恩恵を受けにくい【根絶者】【星輝兵】等では、貴重な存在になりうる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1777 (2016-08-25)
    Q. 【レスト】状態のユニットが呪縛され、その後に解呪された場合、解呪されたユニットは【レスト】状態ですか?
    A. いいえ、【スタンド】状態です。呪縛カードは、呪縛される時に【スタンド】状態になります。また、呪縛カードの見た目上の配置状態は【スタンド】ですが、呪縛カードには【スタンド】【レスト】の状態はなく、参照されません。
  • Q1778 (2016-08-25)
    Q. あるユニットが「そのターン中、パワー+3000」などの効果を受けていた状態で呪縛され、さらにそのターン中に解呪された場合、受けていた効果はどうなりますか?
    A. 失われます。パワーの増減に限らず、リアガードが呪縛されると、そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック超極審判G-BT08/016 RR イラスト/HMK84白鴉は飛ぶ。亜空の因果を守るために。
G-BT08/S21 SP イラスト/HMK84(※なし)