《クロノタイガー・リベリオン/Chronotiger Rebellion》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ギアクロニクル - ギアビースト/十二支刻獣 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【永】【(V)】:バインドゾーンのカード2枚につき、このユニットのパワー+5000。
【自】【(V)】【Gブレイク】(2):[【ソウルブラスト】(1),Gゾーンから裏の「クロノタイガー・リベリオン」を1枚選び、表にする,あなたのリアガードと手札から1枚ずつ選び、表でバインドする] このユニットがアタックした時、あなたの「クロノファング」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのクリティカル+1/ドライブ+1。

 運命の歯車で収録されたギアクロニクルGユニット

 1つ目の能力は、バインドゾーンカード2枚につき、パワー+5000を得る永続能力

 タイムリープ《クロノファング・タイガー》等のコストバインドしたカードの枚数に応じてパワーを得られる。
 ただ、パワーを増やす以上のことは行えないので、基本的には「クロノファング」のカードハーツ化して2つ目の自動能力と併用するようにしたい。

 ジェネレーションブレイク(2)は、アタックした時に「クロノファング」のハーツカードがあるなら、ソウルブラスト(1)とGペルソナブラスト(1)とリアガード手札1枚ずつのバインドで、クリティカル+1/ドライブ+1を得る自動能力

 事前に他のGユニット超越またはコールした上で「クロノファング」のカードハーツ化する必要があるが、2:1交換の効率でドライブクリティカルの増加が行え、さらにコストで計2枚をバインドするので永続能力で追加でパワー+5000を得られる。

 ドライブの増加はドライブチェックトリガーユニットが出る機会だけでなく、多少だが《文武両道のギアハウンド》《礎となるギアタートル》能力誘発を狙える機会も増やせるので、そちらのタイムリープによるパワーの増加や疑似スタンドを狙いやすくなる。

 1枚分のディスアドバンテージとなる点も、同じく「クロノファング」のサポートカードの《スチームテイマー ナニ》《夜に啼くギアタビー》等を利用すればカードの消費を取り戻せる。

 また、同じく「クロノファング」のサポートカードはソウルブラストも使う傾向にあるので、それらも併用するならソウルの枚数を稼ぐ手段とも組み合わせた上で利用するようにしたい。
 ただし、過度に山札を消費すると、こちらのドライブチェックの多さもあってデッキアウトに繋がりやすくなるので注意したい。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」では明神リューズが使用するカード
  • 超越時の台詞は「超越せよ!己が全てを賭して、未来を開く反逆の使徒! 《クロノタイガー・リベリオン》!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「超越共鳴(ストライド・フュージョン)」によって、未来の自身の力を纏った「クロノファング・タイガー」の姿。部下に授けている自身の力の一端を一時的に回収し、「クロノドラゴン・ネクステージ」と同等の存在へと昇華している。鋭利な爪であり、堅牢な盾でもある左腕を最大の武器としており、この武装はネクステージの全力砲撃でも傷ひとつ付かない。恐るべき代物だが、この1点に武装も力も集中しているため、左腕を抑えられてしまうと大幅に戦力ダウンしてしまうという、弱点を兼ねた両刃の剣にもなっている。「十二支刻獣」の超越共鳴は他のそれとは一線を画す力を誇る。超越共鳴状態にあった「グルグウィント」と「ナイトローゼ」が、2人がかりで弄ばれたことからも、その実力が窺える。虎はただひとり、我道をひた走る。しかし、その視線の先に映るものが、果たして本当に彼の望みなのだろうが?

  • 「リベリオン(Rebellion)」とは、『反乱』を意味する。

FAQ 節を編集

  • Q2547 (2016-09-29)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2548 (2016-09-29)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2551 (2016-09-29)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2552 (2016-09-29)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q2554 (2016-09-29)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q2555 (2016-09-29)
    Q. ハーツカードもソウルとして扱えますか?
    A. いいえ、ハーツカードはソウルではありません。
  • Q2585 (2016-09-29)
    Q. ユニットの能力で、バトル中に【ブースト】しているユニットがサークルから移動しました。【ブースト】のパワーは増加どうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q2614 (2016-09-29)
    Q. バインドゾーンが3枚などの奇数の時はパワーはいくつ増えますか?
    A. 3枚であれば、5000です。7500増えるということはありません。
  • Q2615 (2016-09-29)
    Q. 自動能力のコストでバインドしたカードの分も、パワーは増えますか?
    A. はい、パワーが増える効果は永続能力なので、バインドゾーンが増減すればその時点でパワーも増減します。

収録情報 節を編集

クランブースター運命の歯車G-CB04/002 RRR イラスト/ヨシモト貴様等に、世界の行く末を担う資格はない。
G-CB04/S01 SP イラスト/ヨシモト(※なし)