《クロノタイガー・リベリオン》(ノーマルユニット) 節を編集

ノーマルユニット 〈4〉 (ツインドライブ!!)
ギアクロニクル - ギアビースト パワー15000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:アタックした時、あなたの手札の枚数により以下をすべて発動する。
・5枚以下 ‐ 相手の前列のリアガードを2枚選び、退却させる。
・3枚以下 ‐ そのターン中、あなたの前列のユニット3枚のパワー+10000。
・1枚以下 ‐ 【コスト】[ダメージゾーンすべてを裏にする]ことで、そのターン中、このユニットは『【永】【(V)】:相手のガーディアンすべてのシールド-5000。』を得る。

 The Astral Forceで収録されるグレード4のギアクロニクル

 自動能力は、アタック時に手札の枚数が5枚以下なら相手の前列のリアガード2体の退却、3枚以下なら、追加で前列のユニット3体のパワーを+10000、1枚以下なら、最後にダメージゾーンのカードすべてを裏にすることで、相手のガーディアンすべてのシールドを-5000させる永続能力を得る。

 手札が5枚以下の場合の効果は、主にインターセプトの封殺として使うことができ、リアガードによる追撃でヴァンガードへの攻撃を集中させることも可能。
 もっとも、前列にしか対応していないため、後列からインターセプトを受けるリスクはあるが、3つ目の効果で効力を半減させることはできる。

 手札が3枚以下の場合の効果は、当然ながら自身もパワー増加効果の対象として入っているため、ドライブチェックトリガーユニットが出ずともその分のパワーよ増加効果を補うことはできる。

 1枚以下の場合の効果は、ダメージゾーンに表のカードが1枚でもあれば有効であり、その前にパワー増加効果が処理されるため、相手の手札をより多く消費させることが可能。
 しかもシールド値の減少は、相手のガーディアン1枚ずつに適用されるため、それぞれのシールド値を少なくすることができる。

 自動能力は、主に手札に集中しているため、特に難しいことをする必要がなく、リアガードコールや能力によるコストの支払いで手札を減らしていけば、効果全てを常に発揮させることができる。
 一応、ドライブチェックで手札を補充することはできるが、できるだけ1枚に留めておいた方が損は少ない。

 《クロノファング・タイガー》(フォース)起動能力スペリオルライド、さらには自動能力で攻撃力を上げることができる。
 ただし、スペリオルライドした際は、ターン終了時に退却してしまうリスクがあるため、今のうちにゲームエンドに持っていくようにするのが望ましい。
 非常に攻撃的な効果が揃っているが、かなり前のめりなため、相手のターンに回ってしまった場合のリスクも考える必要がある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe Astral ForceV-EB13/003 VR デザイン/ヨシモト イラスト/ToMo門を開け。夢と現実、絶望と未来がそこにある。