《クロノチャージ・ユニコーン/Chronocharge Unicorn》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアビースト/十二支刻獣 パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(R)に登場した時、他のあなたの〈十二支刻獣〉のユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+3000。

 真生の十二支刻獣で収録されたグレード1のギアクロニクル

 リアガードサークル登場した時に他の十二支刻獣ユニット1枚にパワー+3000を与える自動能力を持つ。

 効果の目標として選べるのが十二支刻獣ユニットのみであることを除けば、《蒼嵐兵 テンペスト・ブレーダー》といった性質のカード

 パワーの調整する役には立つが、使い切りの領域移動誘発であるため、それ以降はパワーの低いバニラとなるので邪魔になりやすい。
 そのため、能力使用後にはタイムリープさせたり何らかのコスト《時空竜 フェイトライダー・ドラゴン》《ハイブロースチーム ラファンナ》デッキボトム送りにして早々に消費してしまいたい。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ギアースクライシス編」では第2-3話でトライスリーが参加したGクエスト・メガラニカ支部の終了後、明神リューズ惑星クレイから召喚し、ディペンドカードに契約させたユニット
    その後、「ストライドゲート編」の第29話にてエースが不完全ながら実体化させ、ユナイテッドサンクチュアリ支部を半壊させた。
    第35話にて新導クロノが完全に覚醒させたが、明神リューズによって持ち去られてしまう。
  • 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」では新導クロノが使用する。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ユナイテッドサンクチュアリ有数の大都市「オクスリッジ」を襲撃した「ギアビースト」。「クロノジェット・ドラゴン」同様、“ギアクロニクル”を代表する存在である「十二支刻獣」だが、現在は「バインドタイム・ドラゴン」の傀儡と化している。また、自我を封じる力と彼の精神が水面下で争っている影響で、力の大半を発揮できていない。四肢の付け根に設置された強力な「タイムエンジン」は別の時間軸から奪った時間を脚力や空間転移の燃料に変換することができる恐るべき武装。他の時間を奪うという代償があるため、大きな事件が無い限りは使用を控えていたが、自我を封じられた今は惜しみなく能力を使用している。「アルシャ」の召喚した「アーヴァンク」によって甚大な被害を被るも、兵装の力で別の時間軸から力を奪い、彼らに知覚されることなく忽然と姿を消した。

  • モチーフは十二支の「午」。十二生肖は「馬」、十二時辰は11時〜13時の「日中」が割り当てられている。
  • 別の時間軸から時間を奪う力を持つ兵器が別に存在しているが、その技術を応用しているのかどうかは不明である。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集