《サクリファイス・メサイア/Sacrifice Messiah》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
リンクジョーカー - メサイア パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):[このユニットを呪縛する] 他のリアガードが呪縛された時、あなたの「メサイア」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)し、他のあなたのユニットを1枚まで選び、そのターン中、パワー+3000。

 月煌竜牙で収録されたグレード1のリンクジョーカー

 ジェネレーションブレイク(1)は、他のリアガード呪縛された時にグレード3以上の「メサイア」のヴァンガードがいるなら、自身の呪縛で、カウンターチャージ(1)し、他のユニット1枚までにパワー+3000を与える自動能力

 グレード3以上の「メサイア」のヴァンガードがいることが必須となるものの、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《創世竜 エクセリクス・メサイア》解呪対象となる呪縛カードの枚数を必要としていることに加えて、コストカウンターブラストを使うのでその補助要員として優秀。
 《オルターエゴ・メサイア》ハーツ化すれば、どのGユニットでも利用が狙える。

 比較的汎用性の高い《創世竜 ジャッジメント・メサイア》でも要件を満たせるので、特に解呪ギミックを利用しないタイプの【リンクジョーカー】でも十分に利用することができる。

 単に《アレスター・メサイア》《落日の刀身 ダスクブレード》と組み合わせる場合でも、ブースト等を行ってレストしたこのカードを効率よくコストにすることができ、《アレスター・メサイア》とならタイミングも合わせやすい。

 また、呪縛相手ターンでも良いので《ライトスピード・チーター》能力を用いれば、守りにも活用できる。
 上手く使えば《トワイライトアロー・ドラゴン》の様なバトルフェイズ中に行われる退却から守る事もできなくはない。
 《滅星輝兵 デモンマクスウェル》《ライトスピード・チーター》を利用せずとも、相手コストリアガード呪縛を行う能力を利用した場合においても、誘発可能なのでそれらの対策としても有効である。

 【リンクジョーカー】に対しても有効なカードであり、相手はこのカードを優先的に呪縛しなければ、こちらのヴァンガードパワーを上げてしまう可能性があるので結果的に相手呪縛に制限をかける事もできる。
 とはいえリンクジョーカーには、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン》のような相手呪縛カードが増えることで効果がより強力となる類のカードも存在するので使い所には注意しておきたい。

  • 「ストライドゲート編」でも引き続き使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1690 (2015-11-11)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1705 (2015-11-11)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/035 R イラスト/ToMo救い手は、自らを代価に祈りを捧げた。
PRカード2017年10月度ショップファイト WINNERカードPR/0657 イラスト/ToMo(※なし)