《アレスター・メサイア/Arrester Messiah》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - メサイア パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):このユニットが(R)に登場した時、あなたの「メサイア」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+2000し、【自】(R)】:[このユニットを呪縛する] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、いずれかのファイターの後列のリアガードを1枚まで選び、呪縛する。』を得る。

 月煌竜牙で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 ジェネレーションブレイク(1)は、リアガードサークル登場した時にグレード3以上の「メサイア」のヴァンガードがいるなら、パワー+2000と『ヴァンガードアタックしたバトルの終了時に自身の呪縛で、いずれかのファイター後列リアガード1枚を呪縛する自動能力』を得る自動能力

 グレード3以上の「メサイア」のヴァンガードが必須となるものの、バトルの終了呪縛すれば良いのでブーストを削る必要性もなく、実質的にノーコスト同然で呪縛カードの枚数を稼げる。

 純粋に相手リアガード呪縛するのも手だが、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《創世竜 エクセリクス・メサイア》自動能力の爆発力を手軽に高めつつ、このカードと同じ縦列の後列にいるリアガード呪縛してから解呪することでパワー16000ラインでの疑似スタンドを狙えるようになる。

 《創世竜 ジャッジメント・メサイア》等、汎用性の高い「メサイア」のGユニットはいくつかあるので《オルターエゴ・メサイア》を採用していない【リンクジョーカー】で採用するのも良いだろう。

  • 「ストライドゲート編」でも引き続き使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1705 (2015-11-11)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/016 RR イラスト/百瀬寿いざ共に行かん。 世界の狭間へ。
G-BT05/S11 SP イラスト/百瀬寿(※なし)