変貌(へんぼう)魔女王(まじょおう) シンクレア/Witch Queen of Transfiguration, Sinclair》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
シャドウパラディン - エルフ パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの「魔女」を含むハーツカードがあり、相手のグレード0のリアガードが2枚以上なら、相手は自分の山札の上から10枚公開し、その中からグレード0のカードを1枚選び、【スタンド】でライドし、その山札をシャッフルし、そのターン中、そのユニットに【自】(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのユニットがアタックされたバトルのガードステップ開始時、コストを払ってよい。払ったら、手札から好きな枚数選び、(G)【レスト】でコールする。』『【自】(V)】:ターンの終了時、ソウルから1枚まで選び、【スタンド】でライドする。』を与える。

 ファイターズコレクション2015 winterで収録されたシャドウパラディンGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)で、「魔女」のハーツカードがあり、相手グレード0のリアガードが2枚以上なら、相手デッキトップから10枚を公開した中からグレード0のカード1枚をスペリオルライドし、『アタックされたバトルガードステップ開始時にカウンターブラスト(1)で手札からカードを好きな枚数だけスペリオルコールする自動能力』と『相手ターンの終了時にソウルから1枚までをスペリオルライドする自動能力』を与える起動能力を持つ。

 「魔女」をハーツ化した上で、相手グレード0のリアガードが2枚以上いる状況を整えることで、《シュティル・ヴァンピーア》のように相手ヴァンガードを強制的に変更することができる。
 空振りの可能性はあるが、《才気の魔女 デヒテール》《誘致の魔女 アルドラ》等の能力でよほど相手山札グレード0のカードを削っていない限りはその確率は非常に低く、要件以外は相手に依存しないので使いやすいと言えるだろう。
 相手ヴァンガードグレード0のユニットにするので、こちらのアタックに対する要求シールド値を高めながら守護者ノーマルコールはもちろん、GガーディアンによるGユニットスペリオルコールも封殺できるので攻撃性能は高い。

 ただし、《シュティル・ヴァンピーア》との差異点として公開させたデッキトップ10枚からのスペリオルライドであることで、不発の可能性があるだけでなく、相手ブレイクライド誘発を許してしまうという欠点がある。
 そのため、パワー5000のグレード0のカードスペリオルライドさせた場合には、ブレイクライドによって要求シールド値が減るだけでなくブーストなしではヴァンガードヒットが見込めなくなくなる。
 ブレイクライドの固有効果に関しては無視できるものもあるが、《古代竜 スピノドライバー》《PR♥ISM-I ヴェール》のようなリアガードを処理しつつ手札を増やせるタイプは都合が悪い。
 その他にも強力な妨害手段となる《星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン》《無双剣鬼 サイクロマトゥース》等はかなり厄介なので注意しておきたい。

 この効果グレード1以上のカードノーマルコールを副次的に制限するのも大きな利点だが、このカードの場合はガードステップ開始時にカウンターブラスト(1)を支払うことで自由にスペリオルコールが行えるようになっている。
 カウンターブラスト(1)を支払わせるのはそれなりに有益ではあるが、基本的には「魔女」に見られるパワー減少能力の派生という見方もできる。
 なお、スペリオルコールとはいえ手札からのコールなので守護者全般も問題なく使用できる。
 一方で《スチームナイト プズル・イリ》《深慮遠謀のギアフォックス》等のコール制限能力も有効となるので、混合クランデッキ>カードリストで併用してみるのも良いだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

聖域の暗部を担う影の騎士団“シャドウパラディン”。はるか未来において、同騎士団の魔女部隊を統括する隊長こそ、大魔女「シンクレア」その人であった。その気になれば1人で大都市を混乱に陥れることができる、そんな彼女が得意とする魔法――それは、対象の姿を変化させる「物質変化(メタモルフォーゼ)」。物質変化の魔法は、変化させたいもののイメージを常に思い描いていなければ、効果を持続させることができないという使い勝手の悪さから、長年敬遠されてきた。しかし、彼女はそのイメージを自動で描き続ける「超転科学式魔法陣」なる陣を編み出し、半永久的に変化の魔法を持続させるシステムを開発したのである。決して敵に回してはならない、麗しくも危険な黒き魔女の主。人は彼女をこう呼ぶ。「変貌の魔女王」と。

FAQ 節を編集

  • Q1772 (2015-12-17)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1773 (2015-12-17)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1781 (2015-12-17)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。
  • Q1799 (2015-12-17)
    Q. この効果でライドするのは強制ですか?
    A. はい、そうです。
  • Q1800 (2015-12-17)
    Q. 2つの能力を得るのはどのカードですか?
    A. 相手がライドしたグレード0のヴァンガードです。
  • Q1801 (2015-12-17)
    Q. 公開した10枚の中にグレード0のカードが無かった場合、能力も付与できないのですか?
    A. はい、できません。
  • Q1802 (2015-12-17)
    Q. ターン終了時にソウルから選んでライドする能力で、カードを選ぶのはどちらのファイターですか?
    A. その能力を持ったヴァンガードの持ち主が選びます。「変貌の魔女王 シンクレア」側から見れば、相手ファイターが選びます。
  • Q1803 (2015-12-17)
    Q. このユニットが付与する、ガーディアンをコールする能力持ったユニットは、グレード0のガーディアンをコールする際にもカウンターブラスト1を必要とするのですか?
    A. いいえ、必要ありません。通常のガーディアンコールに対してコストを付加するわけではありません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015 winterG-FC02/011 RRR イラスト/ひと和教えてちょうだい? 何になりたい?