星輝兵(スターベイダー) カオスブレイカー・クライシス/Star-vader, Chaos Breaker Crisis》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1) - 「星輝兵」を含むカード] このユニットが(V)に登場した時か、あなたの「星輝兵」を元々含むGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛する。
【自】【(V)】:相手の呪縛カードが解呪された時、このターンにこのユニットの効果でユニットを退却させていないなら、その解呪されたユニット1枚を退却させてよい。退却させたら、1枚引く。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークル登場した時か「星輝兵」のGユニット超越した時にエスペシャルカウンターブラスト(1)で、相手リアガード1枚を呪縛する自動能力

 目標相手が選ぶため狙ったリアガード呪縛できるとは限らないが、「星輝兵」のエスペシャルカウンターブラスト(1)と低コスト相手リアガード1枚の呪縛が行える。
 狙ったリアガード呪縛できない欠点に関しては《滅星輝兵 カオスユニバース》《滅星輝兵 カオスユニバース・アルサーニ》等の「星輝兵」のGユニット、5ターン目の段階なら《星輝兵 ストレンジ・ドラゴン》《伴星の星輝兵 フォトン》等でも重ねて呪縛を行うことで補うとよい。
 コストの都合からメインデッキの大半を「星輝兵」のカードで固めておく必要があるものの、ヴァンガードサークル登場した時と「星輝兵」のGユニット超越した時に誘発するため、5〜6ターン目から利用が狙え、6ターン目以降からは「星輝兵」のGユニット超越し続けることで継続的な利用も狙える。

 2つ目の能力は、相手呪縛カード解呪された時にそのターンに自身の効果ユニット退却させていないなら、その解呪されたユニット1枚を退却させることができ、退却させたら、1枚ドローする自動能力

 《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》自動能力と同様に相手解呪されたユニット退却させつつ1枚ドローするというものでこちらは要件の関係から同一ターン中の連発はできないが、コストなしで使え、相手エンドフェイズ中以外のタイミングでも誘発条件を満たすことができる。

 特に相手エンドフェイズ中以外のタイミングでも誘発が狙えることで、《創世獣 デスティニー・ガーディアン》とのコンボで能動的に利用したり、バトルフェイズ中の解呪を利用した疑似スタンドを得意とする【メサイア】の動きを阻害するといった作用が期待できる。

 ただし、1枚ドローする単発効果解呪されたユニット退却させないと実行することができないため、《獄門の星輝兵 パラジウム》《廃絶の星輝兵 ネオジム》等の能力を先に解決して解呪されたユニットがいなくなると、結果として効果がすべて不発することになる点には留意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

200年余りに渡る研究の末、自身の完全なるクローンを生み出すことに成功した「カオスブレイカー・ドラゴン」。そのクローンのうちの1体が、自身の未来の可能性を無理矢理ひとつに絞り込む最悪の外法――「超越蟲毒(ストライド・カース)」によって変貌した姿。その魂に秘められた幾多の未来への可能性を相互いに潰し合わせ、残った最強の未来の力を奪った結果、この「クライシス」へと変化を遂げたのだという。「クローズ」よりも機動力で劣る分、火力と防御力で勝っているのが特徴。また、常より頑強な肉体は復元能力とも相性が良く、こと持久戦となれば無敵の存在となる。超越共鳴を発動した「アーシャ」に一手で重傷を負わせ、一時はクローズをも圧倒した「フェンリル」の猛攻にも耐える、という恐るべき力を見せ付けた。

FAQ 節を編集

  • Q3694 (2017-10-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q3718 (2017-10-20)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか??
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q3722 (2017-10-20)
    Q. 「○○」を元々含む、とはなんですか?
    A. 能力などで得る前の、カードに書かれているカード名です。
  • Q3732 (2017-10-20)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q3733 (2017-10-20)
    Q. あるユニットが「そのターン中、パワー+3000」などの効果を受けていた状態で呪縛され、さらにそのターン中に解呪された場合、受けていた効果はどうなりますか?
    A. 失われます。パワーの増減に限らず、リアガードが呪縛されると、そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。
  • Q3734 (2017-10-20)
    Q. 【レスト】状態のユニットが呪縛され、その後に解呪された場合、解呪されたユニットは【レスト】状態ですか?
    A. いいえ、【スタンド】状態です。呪縛カードは、呪縛される時に【スタンド】状態になります。また、呪縛カードの見た目上の配置状態は【スタンド】ですが、呪縛カードには【スタンド】【レスト】の状態はなく、参照されません。

収録情報 節を編集

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/007 RRR イラスト/DaisukeIzuka見せてやろう、新たな希望の先にある、真の絶望を。
G-CB06/S05 SP イラスト/DaisukeIzuka(※なし)