【メサイア】 節を編集

概要 節を編集

 〈メサイア〉とそのサポートを中核とした【リンクジョーカー】

 リンクジョーカー特有の呪縛の妨害に加え、《オルターエゴ・ネオ・メサイア》《オルターエゴ・メサイア》を始めとする効果コストによるリアガード呪縛解呪された時に誘発する各種ジェネレーションブレイク能力を中心としている。
 他の【リンクジョーカー】に比べて、一度の呪縛によるアドバンテージがより多く獲得できるのが特徴。

 その特性上、対【リンクジョーカー】において相手からの呪縛の妨害に対してある程度の耐性を獲得しているだけでなく、むしろこちらから味方リアガード呪縛してアドバンテージを獲得するという動きが特徴となる。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 呪縛による妨害と《オルターエゴ・メサイア》ドロー能力が合わさって、とにかく防御力が高く、まともな殴り合いにおける生存力の高さは、全デッキ中トップクラスを誇る。

 攻撃面においては、《重力井戸のレディバトラー》《創世竜 アムネスティ・メサイア》パワーの出力が高く、更に《創世竜 アムネスティ・メサイア》に至ってはクリティカルが上昇するので、相手に対して大きな圧力を掛けられるが、フィニッシュ向けの能力は全体的なパワーの増加とコール制限が行える《創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア》程度と少なめで、やや大味気味である事は否めない。

 無論、単純な高パワーの押し付けでも十分強力ではあるのだが、同じく防御力の高いデッキから逃げに徹しられてしまうと決め手に欠けてしまい、ドローの連発が仇となってデッキアウトして敗北となってしまう場合も考えられる。

 また、ヴァンガード及びリアガード共々ジェネレーションブレイク能力に強く依存しており、Gユニット超越またはコールが前提である為、動き出しが6ターン目以降からと動き出しが少し遅く、更にグレード3以上のカードライドを見送る戦術がこの上なく影響を受ける。

 リミットブレイク持ちや特に能力に制限の掛からないカードで対応したいが相手グレード3以上のヴァンガードがいない状況でも十分に動けるカードはほぼリミットブレイク能力持ちであり、更にコスト等で「星輝兵」のカードを要求するものも少なくないので、構築の段階で大きな制限が掛かりやすい。

 幸いな事に【リンクジョーカー】の大半は、軸にもよるが大方が呪縛による相手の無闇な展開を抑止する特性を持つため、Gユニット主体のデッキのもう一つの弱点である速攻に対して強い牽制が期待できるのは助かるところではある。

関連リンク 節を編集