星雲竜(せいうんりゅう) マキシマムシール・ドラゴン/Nebula Dragon, Maximum Seal Dragon》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、呪縛カード1枚につき、このユニットのパワー+5000。

 ファイターズコレクション2015で収録されたリンクジョーカーGユニット

 ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(1)で呪縛カード1枚につきパワー+5000を得る自動能力を持つ。

 このカード超越する場合、《オルターエゴ・メサイア》《落日の刀身 ダスクブレード》等の呪縛カードを生成する手段との併用が必須である。
 しかも、呪縛カードが2枚以下の状態では《ミラクルエレメント アトモス》以下の性能しか発揮できない。
 また、ゲームの進行によってGゾーンに表のカードが増えてくると《スノーエレメント ブリーザ》の方が優秀となってくる。
 相手呪縛カードを利用してパワーを増やすのであれば《星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン》《電離の星輝兵 ハフリウム》を利用した方が総合的なパワーの増加量を稼ぎやすいので使いどころが難しい。

 《創世竜 アムネスティ・メサイア》と比べるとクリティカルは得られないものの、呪縛カードをそのまま残しておくことができる。
 そのターンと次のターンエンドフェイズ《オルターエゴ・メサイア》《遮光の星輝兵 サルファー》等の呪縛カード解呪された時の能力に繋げられる。
 その他、《白色矮星のレディバトラー》《暴脚のメテオモンク》等の要件効果呪縛カードの存在を必要とする能力との相性も良い。
 相手呪縛カードを無理なく放置できるので次のターンを凌ぎやすいのが利点。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1262 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1264 (2015-04-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/038 RR イラスト/ヨシモトキミが動けないならば、それだけヤツは調子づく。