重力井戸(じゅうりょくいど)のレディバトラー/Lady Battler of the Gravity Well》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[他のあなたのリアガードを1枚選び、呪縛する] そのターン中、このユニットのパワー+4000。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)

 覇道竜星で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 ジェネレーションブレイク(1)は、1ターンに1回、他のリアガード1枚の呪縛で、パワー+4000を得る起動能力

 リアガード1枚を呪縛コストにするにしては、相手リアガード呪縛できるわけでも、カードアドバンテージを得られるわけもなくパワーが増えるだけと単体ではやや釣り合いが取りにくい。
 起動能力を使用した後の《重力崩壊の申し子》コストに利用したり、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《白色矮星のレディバトラー》等で解呪する呪縛カードを確保したりと、他のカードとのコンボを前提として扱うことになる。

 ただし、起動能力の使用後に《アローザル・メサイア》スタンドしてもパワー15000止まりとなる。
 ブーストなしでアタックを行い、他の縦列にいるユニット能力解呪を行ってからこのカードスタンドに繋げ、そのあとでブーストを与えるようにして効率的に要求シールドを稼げるだろう。

 使いきりというわけでもなくカウンターブラスト無しで呪縛できる点は非常に優秀。
 《創世竜 アムネスティ・メサイア》《星の揺り籠 ステラメーカー》の様に複数枚の呪縛カード解呪することが要件となるカードを利用するならば、できるだけ多目に採用しておきたいところである。

  • 2回目の起動能力の使用時にパワー増加量が+5000になっているミスがあった。
  • 「ギアースクライシス編」、「ストライドゲート編」でも引き続き使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「重力井戸(Gravity Well)」とは、恒星や惑星などの天体を井戸に見立てた表現で、天体を囲む重力場が強いほどその天体は重力井戸として深く、重力場が弱ければその天体は重力井戸として浅いとされている。

FAQ 節を編集

  • Q1328 (2015-05-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1330 (2015-05-28)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/037 R イラスト/白井秀実えい。