創世竜(そうせいりゅう) ジャッジメント・メサイア/Genesis Dragon, Judgement Messiah》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - メサイア パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れることができない)
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
(超越した時、ハーツ1枚のパワーとカード名を得る。このユニットは、ターンの終わりに表で戻る)
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手の後列のリアガードを1枚選び、呪縛し、呪縛カードを1枚まで選び、解呪する。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)

 宿星の救世竜で収録されたリンクジョーカーGユニット

 アタックヴァンガードヒットした時に相手後列リアガード1枚を呪縛し、呪縛カードを1枚まで解呪する自動能力を持つ。

 誘発条件は厳しく後列限定とはいえ相手リアガード呪縛を無消費で行えるのは単純に強力で、同時に呪縛カード1枚までの解呪も行える。
 《オルターエゴ・メサイア》《重力井戸のレディバトラー》等の能力コストで生成された自身の呪縛カード解呪することもでき、これらの2つの利点でガード強要を行っていける。

 ただ、呪縛能力としての効力はあまり強くはないので、あくまでも他のGユニット能力を活かせる状況を作り出すまでの繋ぎと割りきって使用していく事になる。

 《星輝兵 ボルトライン》ブーストされた状態で誘発に成功すれば、相手後列リアガード1枚を4ターンもの間呪縛カードにするコンボが狙える。
 さらに呪縛カードとなっていた《アローザル・メサイア》解呪にも成功すればスタンドによる更なる追撃にも繋がる。
 ただし、解呪は確実ではないので解呪ありきの行動は控えた方が無難である。

 【星輝兵】では、誘発に成功すれば、次のターン《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》能力誘発を狙える為、非常に相性が良い。
 前述の《星輝兵 ボルトライン》《星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン》との相性はあまり良くないものの、「星輝兵」に属しているため【星輝兵】との親和性は高い。
 ただし、メインフェイズ呪縛を行えないので《伴星の星輝兵 フォトン》《星輝兵 コロニーメイカー》を使うことが難しく、場合によっては《渦状星雲の落とし子》との併用も考慮に入れておきたい。

 一方、【根絶者】でもカウンターブラストを一切使わずに相手リアガード呪縛できる点は大きい。
 デリートは後半で活きる能力なので、それまでの繋ぎとしても優秀と言え、《始源根絶者 ヱヰゴヲグ》への繋ぎとしてもおよそ理想的である。
 また、《混じり合う根絶者 ケヰヲス》と併用すればデリートとも両立させることができる。

  • 超越時の台詞は「ジェネレーションゾーン、解放!」「混沌を斬り裂き、白き翼で描け未来! ストライドジェネレーション! 《創世竜 ジャッジメント・メサイア》!」
  • アタック時の台詞は「唸れ白銀の刃、下せ聖なる裁き!ツイン・シャイン・スラッシュ!!」
  • 能力使用時の台詞は「永久の眠りをもって目覚めをもたらせ!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集