渦状星雲(かじょうせいうん)()とし()/Spawn of the Spiral Nebula》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
リンクジョーカー - サイバーフェアリー パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【起】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[このユニットをソウルに置く,他のあなたのリアガードを1枚選び、呪縛する] 相手のリアガードを1枚選び、呪縛する。
(呪縛されたカードは、裏向きに何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)

 覇道竜星で収録されたグレード0のリンクジョーカー

 ジェネレーションブレイク(1)は、自身のソウルインと他のリアガード1枚の呪縛相手リアガード1枚を呪縛する起動能力

 《星輝兵 ダストテイル・ユニコーン》と比べて、カウンターブラスト相手呪縛カードを生成しておく手間を必要としていない。
 一方で、ジェネレーションブレイク(1)の制限があり、他のリアガード1枚の呪縛コストに加わっている。

 コストによる他のリアガード呪縛は、《創世竜 アムネスティ・メサイア》《白色矮星のレディバトラー》等の呪縛カード解呪してパワーを増やす能力《アローザル・メサイア》《ダークメタル・カメレオン》等の解呪された時に誘発する能力の下準備としても見られるので比較的コストは軽いと言える。
 ただし、最終的には1枚分のディスアドバンテージを負うことになるのは注意したい。

 起動能力ソウル1枚と解呪関連の能力の布石となる呪縛カードを2枚稼げる点はグレード1やグレード2のカードと比べてもかなり優秀である。
 《オルターエゴ・メサイア》《創世竜 アムネスティ・メサイア》等を主軸とするのであれば、ファーストヴァンガード以外で採用するのも悪くない。

 また、相手呪縛カードに依存した要件を持たない点は【星輝兵】とも相性が良い。
 【星輝兵】においてGゾーンに表のカードがない状況でGユニットノーマル超越したターンメインフェイズ迄に相手呪縛カードを確実に用意する手段としては《滅星輝兵 グルーボール・ドラゴン》《星輝兵 グロビュラディア》等もいるが、その中でもこのカードは狙ったリアガード呪縛することができるのが強みとなる。
 《星輝兵 コロニーメイカー》《伴星の星輝兵 フォトン》等の有力なカードが多く、コストリアガード呪縛することによるパワーラインの低下によるリスクを考えても使用するだけの価値はある。
 ただし、Gゾーンに表のカードが1枚以上ある状況でGユニットノーマル超越可能な状況になると、《星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン》起動能力でもメインフェイズ中に狙ったリアガード呪縛ができるようになるので必要性は下がる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「渦状星雲(Spiral Nebula)」とは、「渦巻銀河(Spiral Galaxy)」の事である。渦巻構造を持ち、恒星や星間物質が円盤状に集まっている。

FAQ 節を編集

  • Q1318 (2015-05-28)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1330 (2015-05-28)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/087 C イラスト/齋藤タヶオ彼は、生まれたばかりの渦巻く銀河。