《ガンナーギア・ドラコキッド/Gunnergear Dracokid》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアドラゴン パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【起】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く] あなたの山札からグレード3のカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

 覚醒の時空竜で収録されたグレード0のギアクロニクル

 ジェネレーションブレイク(1)は、カウンターブラスト(1)と自身のソウルイン山札からグレード3のカードを1枚まで手札に加える起動能力

 同じコストグレード3を手札に加える起動能力を持つ《タイムピース・ドラコキッド》と比べると、ジェネレーションブレイクの関係からライド事故の回避に役立たない点で劣る。
 確実にグレード3を確保できるのでディスアドバンテージの心配がなく、自由に選択もできる点で優っている。

 手札グレード3があればノーマル超越コストを1枚の消費で済ませられるため、次のターンでのGユニット超越を狙いやすくすることができる。

 カウンターブラストが惜しい状況ならば、あえて能力を使わない方がよい場合もあるのでよく考えてから使用したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

突如クレイに現れた謎の武装集団“ギアクロニクル”の一員。
「クロノジェット・ドラゴン」から力を授けられ、微量ながら時に干渉する力を得た竜、「ギアドラゴン」の幼生。
周囲の空間から時の力を集め、弾丸のようにして放つ“ギアクロニクル”の汎用システム「タイム・ドレイン」を使う。
これは集めた時の力の練度で効果が変わるが、システムの運用には慣れと時間を操るセンスが問われるらしく、“ギアクロニクル”に所属して間もない彼は、まだコンマにも満たない時間にしか干渉する事ができない。

彼らの正体について、知る者はまだいない。
しかし、彼らは「超越」を観察しながら、クレイの民を見定めているようにも見える。
その眼に適う者が現れた時、彼らは初めてクレイへの干渉を試みるだろう。
“ギアクロニクル”の目的と正体、その一端が明かされるまで、そう時間はかからないのかもしれない。

FAQ 節を編集

  • Q1106 (2014-11-20)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q1107 (2014-11-20)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか??
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報 節を編集