次元放逐(じげんほうちく)時空巨兵(コロッサス)/Dimension Expulsion Colossus》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ギアクロニクル - ギアコロッサス パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[あなたのグレード0のリアガードを1枚選び、山札の下に置く] あなたの山札からグレード3のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターン中、そのユニットのパワー+5000。
【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のグレード1以下のリアガードを1枚選び、相手はそのユニットを山札の下に置く。

 風華天翔で収録されたグレード3のギアクロニクル

 ジェネレーションブレイク(1)は、1ターンに1回、グレード0のリアガード1枚をデッキボトムに置くことで、山札からグレード3のカードを1枚までスペリオルコールし、パワー+5000を与える起動能力

 トリガーユニットグレード3に変換することで、戦力になりにくいカード前列要員に置き換えつつ、山札トリガーユニットの比率を高めることができる。

 とはいえ、ドロートリガー以外をコストにした場合はシールド10000を手放すことになってしまうので、先駆スペリオルコールされたファーストヴァンガードを対象にするか、《ハイブロースチーム ラファンナ》《スチームメイデン メラム》等の効果を利用して確保することも検討したい。
 十分なパワー増加効果もあるが、基本的にはリアガードを確保できない時のフォローと見るべきだろう。

 スペリオルコールできるグレード3のカードも、《メタルグライダー・ドラゴン》《スチームメイデン イミ》等の優秀なカードも多いので状況に合わせて使い分けたい。

 自動能力《フェイトホイール・ドラゴン》と同じもので、使い勝手もそちらとほぼ同じである。
 起動能力コストの競合が全くないので、その点ではこちらの方が多少使いやすいといえる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

時間と空間を自在に移動する武装集団“ギアクロニクル”の巨大兵器の一体。
惑星クレイでは確認されていない未知の金属から造られており、内部機構にはタイムエンジンが搭載されている。
「次元放逐」と名付けられたこの巨大兵器は、タイムエンジン出力の調整次第で、未来へ向かう“正方向の時間加速”と、過去へ向かう“負方向の時間加速”を行なうことができる。
それぞれ、加速度を高めるためには莫大なエネルギーを要する欠点はあるものの、対象を最大数十年単位で成長させる、あるいは過去へのタイムスリップを可能にする。
なお、現在のクレイの研究では、そのエネルギーの詳細――魔力なのか、科学なのか、そしてどのようにして生じるものなのか――については、未だ確証が得られていない。

FAQ 節を編集

  • Q1151 (2015-02-19)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q1155 (2015-02-19)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1157 (2015-02-19)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック風華天翔G-BT02/061 C イラスト/Kotakan拳があるだろう? 宿命など殴って砕け。