《フェイトホイール・ドラゴン/Fate Wheel Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ギアクロニクル - ギアドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、相手はグレード0のカードを手札から(G)にコールできない。
【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のグレード1以下のリアガードを1枚選び、相手はそのユニットを山札の下に置く。

 時空超越で収録されたグレード3のギアクロニクル

 ジェネレーションブレイク(1)は、ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(1)で、相手グレード0のカード手札からコールできなくなる自動能力

 《時空竜 ラグナクロック・ドラゴン》と同様に相手手札からのグレード0のカードコールを封じる能力だが、パワーの増加は無いので、守護者Gガーディアン等で簡単に対処されやすい。
 《時空竜 ラグナクロック・ドラゴン》《烈火進撃の時空巨神》等をノーマル超越できなかったときの保険として利用するのが望ましいだろう。

 ヴァンガードサークル登場した時の自動能力コストはやや重いが、ノーマル超越とも併用できる。
 とはいえ、ノーマル超越と併用するだけならばグレードの制約もなく使い回しも利く《クロノジェット・ドラゴン》の2つ目の自動能力に見劣りするので5ターン目でも利用できる利点を活かしたい。

 また、同様の能力を持つ《ブレストフレア・ドラゴン》《次元放逐の時空巨兵》とも比較したうえで採用することとなるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

数百年前までは、竜が支配する国の戦士だったという「ギアドラゴン」。戦の最中に体の大部分を失うも、今際の際に「クロノジェット・ドラゴン」に救われ、九死に一生を得る。運命に関わる武装「フェイトホイール」を託されているが、今の彼ではその真の力を発現させる事ができないらしい。

  • フレーバーテキストを見るに、「フェイトホイール」をもっぱら単なる攻撃用の武器として利用しているようである。

FAQ 節を編集

  • Q1110 (2014-12-04)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q1111 (2014-12-04)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック時空超越G-BT01/019 RR イラスト/touge369運命の車輪? だとしても、よく斬れるぞ。