《ドラゴンパートナー モニカ/Dragon Partner, Monica》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
かげろう - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):このユニットが〈フレイムドラゴン〉をブーストした時、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+3000。

 The Overlord blaze “Toshiki Kai”で収録されたグレード1のかげろう

 ジェネレーションブレイク(1)は、フレイムドラゴンブーストした時にブーストされたユニットパワー+3000を与える自動能力

 ジェネレーションブレイク(1)の制限付きだが、対応するカードフレイムドラゴン全般となった《ドラゴンナイト アシュガル》といったカード
 グレード3以上のフレイムドラゴンには単独でパワー11000以上に到達するカードかそれなりに揃っており、それらと併用することで容易くパワー21000ライン以上を形成できる。
 逆にグレード2以下のフレイムドラゴンとなると、単独パワー11000以上に達することできるカードが汎用的なものだと《エンドレスフレア・ドラゴン》等の一部に限られるので、パワー21000ラインの形成は厳しくなる。
 それでも、《ラーヴァフロウ・ドラゴン》等のグレード1のフレイムドラゴンブーストした場合でもパワー17000ラインには達するため、不足が無い程度のパワーラインを組む事が出来る。

 《ドラゴンナイト マフディ》と同様にガード強要を行う能力を得られる《覇天皇竜 ボーテックス・デザイア》や、守護者を封じる《超越神龍 ヌーベルバーグ・レクスプレス》などと相性が良い。

 難点としては《ドラゴンモンク ギョクリュウ》【かげろう】が得意とする退却を1回行うだけでこのカードパワーを越えてしまうので全体的に見劣りする部分は多い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

帝国二大柱軍の片翼、強襲部隊“かげろう”――その中でも最強と名高い猛将「ドラゴニック・オーバーロード」の部隊に所属していたという踊り子。ドラゴンダンサーたちをまとめるリーダーであり、同部隊の後方支援を一手に担っていた。また、竜騎士のような訓練を受けていないにも関わらず、竜に乗ってもふるい落とされず、背の上で舞を披露することすらあったという。誰に教わるでもなく竜と共鳴し、まるで彼らの心がわかるかのように生きる――極稀に誕生するそういった者たちのことを、帝国では「竜友師(ドラゴン・パートナー)」と呼んでいた。竜友師は、喜び、哀しみ、怒り……あらゆる感情を竜と共有し、種族の壁を越えて心を通わせる。「モニカ」のことを記述した書物には、次のように締めくくられている。「彼女は一介の踊り子にあらず。竜と心を通わせし者、竜友師なり」。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

レジェンドデッキThe Overlord blaze “Toshiki Kai”G-LD02/009 イラスト/百瀬寿今宵、戦場に竜と炎が舞う。