星輝兵(スターベイダー) メビウスブレス・ドラゴン/Star-vader, Mobius Breath Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを1枚選び、呪縛する。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)

 侵略の星輝兵で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 ヴァンガードサークル上でしか能力は有効にならないので基本的に3〜4ターン目でしか使えないものの、そのタイミングであれば誘発条件は満たしやすい。このタイミングでの呪縛できるカードは非常に貴重であることも魅力的である。

 ファーストヴァンガードが対象でも呪縛は十分な拘束力を持つため、ライドさえすればほぼ有効に機能するが、補助なしにライドすることを前提としなければならないのでその点で確実性に欠ける。

 また、4ターン目でライドした場合には、相手ファーストヴァンガードが3ターン目で能力を使用してフィールドを離れるものだと呪縛対象がいなくなる事態も起こり得る。

 上手く前列呪縛が狙えるようであれば、《遮光の星輝兵 サルファー》《獄門の星輝兵 パラジウム》コールすることでガード強要力を大幅に引き上げる事ができるだろう。

 もっとも、相手がそのターンリアガードコールを行わないことが前提となるので、このカードの存在が相手の速攻を防いだという見方もできる。
 たとえ採用していなくとも、「カードプールに存在する」こと自体が一種のアドバンテージとなり得るカードであると言える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵」。 ドラゴンと銘打たれているが、クレイに住む竜とは起源そのものが違う生命体であり、浸蝕が進んだ事でより異質な形体へと変貌しつつある。 鱗では無い骨のような外殻で全身を固めており、全身の至る所に“リンクジョーカー”特有の能力、「呪縛(ロック)」を使う為の力の源を溜め込んでいるという。 異物に遮られるまでいつまでも誘導を続け、一時的ではあるが相手の力や動作などの一切を封じる強力なブレスを吐く上、敵が複数の場合は指揮官を執拗に狙うようコントロールされている厄介な存在。 歪な眼に宿るのは、意思を持つ生命の光では無く、機械の如く無機質で不気味な輝き。 肉体を蝕まれ、精神を侵され、何もかもを失った彼らの行きつく先は次の戦場か、それとも死によってのみ訪れる永遠の安寧か。

  • 「メビウス(Mobius)」はドイツの数学者・天文学者。細長い帯を1回ねじって両端をはり合わせたときに、表裏の区別ができない連続面となる図形であるメビウスの輪を提示した事で知られる。

FAQ 節を編集

  • Q521 (2013-06-21)
    Q. レストしている呪縛カードはスタンドフェイズにスタンドしますか?
    A. いいえ、スタンドしません。
  • Q522 (2013-06-21)
    Q. レストしているカードが呪縛されました。呪縛されたカードの向きはどうなりますか?
    A. 呪縛されたカードはレスト・スタンドの状態を持たないので、好きな向きで置いてください。表に戻す時に、スタンドにしてください。
  • Q523 (2013-06-21)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットを裏向きにし、ユニットから呪縛カードになります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの初めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードがあると、リアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行える手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ侵略の星輝兵TD11/005 イラスト/田口美穂(ルール)からの逸脱。それが呪縛(ロック)
はじめようセットはじめようセット 侵略の星輝兵HS07/005 イラスト/田口美穂(ルール)からの逸脱。それが呪縛(ロック)