抹消者(イレイザー) ボーイングセイバー・ドラゴン “Я(リバース)”/Eradicator, Vowing Saber Dragon "Яeverse"》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2),あなたのカード名に「抹消者」を含むリアガードを2枚選び、呪縛する] 相手は自分のリアガードを2枚選び、退却させ、そのターン中、このユニットのパワー+10000。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【永】【(V)】:あなたのソウルに「抹消者 ボーイングソード・ドラゴン」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 黒輪縛鎖で収録されたグレード3のなるかみ

 リミットブレイクは、カウンターブラスト(2)と「抹消者」のリアガード2枚の呪縛で、相手リアガード2枚を退却させ、パワー+10000を得る起動能力

 《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》起動能力と同様、相手に選ばせる方式ではあるが、コスト上、解呪手段を併用せずとも2連発までは可能であるため、その気になれば重要なリアガードを残すことすら許さず相手リアガードを全滅させることもできる。

 ただし、カウンターブラスト(2)に加えて「抹消者」のリアガードを2枚も呪縛するという重いコストを要し、小回りが利きにくい。
 特に同一ターン中に2連発するとお互いのリアガードが1枚しか残らなくなり、アタックの幅が大きく狭まる。
 パワー+10000がある以上、自身のブーストは切り捨ててもほとんど損にならないため、1回ずつ使用した方がリスクは少ない。

 予め《追撃の抹消者 ロチシン》リアガードサークルコールしておけば、起動能力2回分で残りのリアガード全てを呪縛してしまってもパワー31000のこのカードと、自動能力を4回誘発したことでパワー28000となった《追撃の抹消者 ロチシン》スタンド状態で残しておける。

 《抹消者 ボーイングソード・ドラゴン》からのクロスブレイクライドに対応しており、呪縛コストによるパワーラインの低下を補える。
 その上で起動能力を2回使用すると、相手リアガード5枚を退却させてしまうということもでき、《追撃の抹消者 ロチシン》と合わせてさらに爆発力が向上する。
 ただし、早期のクロスライドを狙おうとするとブレイクライド部分の恩恵を切り捨ててライドせざるを得ないこともあるだろう。

 また、《妖剣の抹消者 チョウオウ》の存在により、このカードを先にライドしてもかなり容易に、かつ1:1交換を行いつつクロスライド要件を満たすことができるという利点があることは大きな強みと言える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「虚無(ヴォイド)」の化身“リンクジョーカー”の力により、存在を歪められた「ボーイングソード・ドラゴン」の姿。 強力な精神汚染が身体の形状にまで影響を及ぼしており、より鋭く禍々しいフォルムへと変貌している。 “リンクジョーカー”の思想を意識の奥底に植え付けられてしまった為、全ての存在を支配・封印・抹消すべきだという衝動にとり憑かれ、彼ら特有の能力である呪縛(ロック)まで扱えるようになっている。 愛剣「雷・壱ノ刃(いかずち・いちのは)」に加え、虚無の魔剣「伏魔ノ腕(ふくまのかいな)」を手にし、狂気に満ちた眼を光らせるその様相には、帝国に忠誠を誓う騎士然としたかつての面影など微塵も無い。 このまま侵蝕が続けば、いずれ彼は完全に“リンクジョーカー”の傀儡へと成り果ててしまうだろう。 無に呑まれた哀れな虜囚を嘲笑うかのように、鈍く輝く黒輪がゆるりと揺れ動く。

FAQ 節を編集

  • Q533 (2013-07-05)
    Q. 相手のリアガードを退却できなかった場合、このユニットのパワーは上昇しますか?
    A. はい、上昇します。リアガードの退却の有無に関わらず、パワーは上昇します。
  • Q534 (2013-07-05)
    Q. レストしているカードが呪縛されました。呪縛されたカードの向きはどうなりますか?
    A. 呪縛されたカードはレスト・スタンドの状態を持たないので、好きな向きで置いてください。表に戻す時に、スタンドにしてください。
  • Q535 (2013-07-05)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットを裏向きにし、ユニットから呪縛カードになります。各ファイターのエンドフェイズの初めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードがあると、リアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行える手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q536 (2013-07-05)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q537 (2013-07-05)
    Q. 「インテリねずみ」の能力でパワー+4000されたリアガードを呪縛しました。ターン終了時にそのリアガードは退却しますか?
    A. いいえ、退却しません。呪縛されたユニットは、呪縛される前に受けていた効果の影響を受けなくなるからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック黒輪縛鎖BT12/003 RRR イラスト/NINNIN真に抹消すべき存在は……貴様らだったようだ。
BT12/S03 SP イラスト/NINNIN走れ虚無の雷、リバースサンダー・オーバーブレイク!