千断の根絶者(ハック・デリーター) グレイギヰル/Hack Deletor, Greigiil》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - エイリアン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】:[【ソウルブラスト】(2) - 「根絶者」を含むカード] このユニットが(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+5000し、このユニットが(V)にいるなら、相手のヴァンガードすべてをデリートする。
【自】:あなたの「根絶者」を含むカードの、効果かコストで、このユニットが(R)から退却した時、あなたの手札が3枚以下なら、1枚引く。

 The GALAXY STAR GATEで収録されたグレード3のリンクジョーカー

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時に「根絶者」のエスペシャルソウルブラスト(2)で、そのターン中、このユニットパワー+5000を与え、このユニットヴァンガードサークルにいるなら、相手ヴァンガードすべてをデリートする自動能力

 登場時に誘発するため使い切りの能力となるが、パワー+5000を得られ、ヴァンガードサークル登場した場合には追加で相手ヴァンガードデリートが行える。
 デリート能力としては《混じり合う根絶者 ケヰヲス》に近く、6ターン目以降であればデリートのギミックと「根絶者」でないGユニットの両立が狙えるといった利点がある他、コストソウルの「根絶者」のカード2枚のみなので単純にカード消費が少なく、《剪断する根絶者 ヱヴォ》コストのためのリソースを残せる等、リアガードの枚数確保がしやすい。
 「グレイ」のグレード3のヴァンガードスタンドを行う《欺く根絶者 ギヴン》コストで「根絶者」のリアガード5枚を消費するのでこの利点は活きやすく、前半のパワー増加効果も含めて相性がよい。

 その他、相手《獄炎のゼロスドラゴン ドラクマ》効果によって手札からライドする際には、相手ヴァンガードデリートしながらパワーを得られるため手札を減らされても守りやすくなる等の利点もある。

 リアガードサークル登場した時においてもパワーを増やす継続効果を利用できるが連発しにくいコストを考慮すると、できれば《欺く根絶者 ギヴン》《翻る根絶者 ズヰージェ》《奏でる根絶者 ヱファメス》とのコンボでバトルフェイズ中にスペリオルコールした場合に利用して相手の計算を狂わせる不意討ち気味な利用を狙いたいところ。

 2つ目の能力は、「根絶者」のカードの、効果コストで、リアガードサークルから退却した時に手札が3枚以下なら、1枚ドローする自動能力

 《翻る根絶者 ズヰージェ》《奏でる根絶者 ヱファメス》のように効果コストによる退却を起点にカードの補充を行う能力となっており、こちらはドロー手札の補充を行う。
 要件手札が3枚以下であることを要求されるが、誘発条件に対応するカードの中でも《欺く根絶者 ギヴン》コストリアガード5枚を要求しており、《黒闇の根絶者 グレイヱンド》《絆の根絶者 グレイヲン》等の起動能力による相手ヴァンガードデリートとの両立まで狙うとなるとカード消費が嵩み、手札も減りやすくなるため、そのカードを揃えるサポートに適している。
 その他、《迅速な根絶者 ギアリ》《悪計の根絶者 ザヰグ》等の退却コストに当てるのもよい。

 ただし、この能力が利用できる状態だと次のターンでの手札の枚数はおよそ7~8枚と少々心許ないため、そのターンで確実なフィニッシュを狙うためのカードを揃えるための手段として割り切ったり、次のターンの要求シールド値の低減が狙える《禁ずる根絶者 ザクヱラド》等との併用も考慮したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3918 (2018-01-18)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3946 (2018-01-18)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか??
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q3978 (2018-01-18)
    Q. ヴァンガードがデリートされるとどうなりますか?
    A. デリートされると、そのユニットをそのままの向きで裏向きにし、「デリートされているユニット」になります。持ち主のターンのエンドフェイズの始めに、そのファイターの「デリートされているユニット」はすべてそのままの向きで表に戻ります。「デリートされているユニット」はパワーが0になり、表面に書かれたテキストのみを失い、スキルアイコン、グレード、カード名、クリティカルなど他の情報は維持します。デリート前に受けたパワー修正、能力の追加や喪失効果は維持されます。デリートされたユニット自身に書かれていた永続能力によるパワー修正、能力の追加および喪失効果は維持しません。
  • Q3979 (2018-01-18)
    Q. 双闘しているヴァンガードがデリートされると、双闘状態はどうなりますか?
    A. 双闘状態は維持され、ユニットはヴァンガードサークルに残ります。
  • Q3980 (2018-01-18)
    Q. デリートされたヴァンガードはバトルを行なえますか?
    A. はい、行なえます。ヒットした場合の処理やドライブチェック等も行なえます。
  • Q3981 (2018-01-18)
    Q. デリートされたヴァンガードをブーストできますか?
    A. はい、できます。
  • Q3982 (2018-01-18)
    Q. デリートされているヴァンガードがさらにデリートされました。どうなりますか?
    A. デリートされているユニットをデリートしようとした場合、そのデリートでは何も行ないません。
  • Q3983 (2018-01-18)
    Q. デリートされているヴァンガードに超越した場合、どうなりますか?
    A. 通常の超越と同じように、元のヴァンガードは表向きでハーツとなり、Gユニットは選んだハーツ1枚のカード名と書かれているパワーを得ます。デリートはカード名やグレード、書かれているパワー等の情報は変更せず、また超越は元のヴァンガードの配置状態以外の状態を引き継ぎません。ですが、デリートによって元のヴァンガードのテキストは失われた状態で超越が行なわれるため、元のヴァンガードが持つ「超越した時」等の能力は発動しません。
  • Q3984 (2018-01-18)
    Q. この「裏でバインドする」(バニッシュデリート)は、デリートですか?「デリートした時」のような能力は発動しますか?
    A. いいえ、「裏でバインドする」(バニッシュデリート)はデリートではありません。ですので、「デリートした時」等の能力は発動しません。

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe GALAXY STAR GATEG-EB03/021 RR イラスト/石川健太根絶の対象は敵対する者ばかりではない。
G-EB03/S12 SP イラスト/石川健太(※なし)