刈谷(かりや)スギル 節を編集

 アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」の登場人物。アニメでの声優は矢部雅史。

 名前の由来は、愛知県刈谷市。

概要 節を編集

 元チーム・ディマイズのメンバー。
 「弱さは、罪」のユナイテッドサンクチュアリ支部の方針を貫く非道なファイター。

 東雲ショウマによると格下と認識した相手にはファイトが雑になる癖がある。

 「カードファイト!! ヴァンガードG」初期では、チーム・ディマイズのメンバーとしてクロノの1回戦第1試合の相手になるが、リアガードを増やしにくいリンクジョーカーの弱点を突かれたために、呪縛で逃げ切ろうとしたが連続攻撃に耐えられず敗北、チームに泥を塗ってしまった。
 その後、格下のファイターにどこかへ連れていかれた後、全国大会には出場していないため、チームから離脱していた。
 シオンが読んでいた広告によれば「入院中」とのことだが、実際にはトイレ掃除等の雑用をさせられていた模様。[1]

 神崎ユウイチロウがユナイテッドサンクチュアリ支部を離れてからは、憑き物が落ちたのか爽やかな笑顔で堂島と共に支部再建に尽力している。
 
 「ギアースクライシス編」では、彼を中心に堂島やかつて安城トコハに敗れた女性ファイターと共にディマイズ・ネオを結成し、Gクエストに参加しており、ユナイテッドサンクチュアリ支部のGクエスト決勝で再び新導クロノと対戦するが敗北した。
 
 アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」にて、チーム・ディマイズネオとして堂島、他1名と共にU20チャンピオンシップに出場。ファーストステージ「クレイスクランブル」にて、葛木カムイと対戦、敗北する。対戦後、初日での鬼丸カズミとの対戦の感想をカムイに語った。また、敗れたものの、握手を求め、カムイに「次のステージでかかってこい」と言われた際、笑顔で応え、仲間の勝利を信じていたりと、初期と比べると心身ともに大きく成長していた。なお、彼は2敗したがその後巻き返し、チームはファーストステージを突破するなど、実力面も上がっている。
 セカンドステージでは、開始早々に綺場シオンに敗退している。

 3DS版「ストライドトゥビクトリー」ではチーム・ディマイズ脱退後の話も描かれたがアニメ版と違って改心している描写はない。[2]

人間関係 節を編集

デッキ構成 節を編集

主な使用カード 節を編集

関連リンク 節を編集


[1] 「ストライドゲート編」の第2エンディング映像において、羽島リンに人間椅子させられていた。
[2] メタ的に言えば、彼の荒っぽいボイスを変更するのが手間だったものと思われる。