撥ね退ける根絶者(リムーブ・デリーター) ヰガルガ/Remove Deletor, Igalga》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
リンクジョーカー - エイリアン パワー6000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者
【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが手札から(G)に登場した時、あなたの「根絶者」を含むユニットを1枚選び、そのバトル中、ヒットされない。
【自】【ドロップゾーン】:[このカードを裏でバインドする] 相手のヴァンガードがデリートされた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの「根絶者」を含むユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+4000。

 混沌と救世の輪舞曲で収録されたグレード1のリンクジョーカー

 2つ目の能力は、手札からガーディアンサークル登場した時に手札から1枚をドロップすることで、「根絶者」のユニット1枚はヒットされなくなる自動能力

 目標として選べるユニットが「根絶者」のユニットに限定されていることを除けば《ライトエレメンタル サニー》が持つ手札からガーディアンサークルに登場した時の能力と同様の自動能力となる。

 3つ目の能力は、相手ヴァンガードデリートされた時に自身を裏でバインドすることで、「根絶者」のユニット1枚にパワー+4000を与える自動能力

 こちらはドロップゾーンで有効となる自動能力となっており、主に2つ目の能力を使用してガーディアンサークルから退却させてから利用を狙うことになる。

 誘発条件の都合からデリートを行う能力との併用が前提となるものの、ほぼないに等しいコストを払うだけで「根絶者」のユニット1枚に対してパワー+4000を与えられるので、シールド20000要求のパワー16000ラインシールド25000要求のパワー20000ラインにしたり、単体パワー11000でガード強要が行える《禁ずる根絶者 ザクヱラド》シールド20000要求ができる単体パワー15000にする等といったデリート状態のヴァンガードに合わせたパワー調整の手段として活用できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3694 (2017-10-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3712 (2017-10-20)
    Q. カード名の違うカードであれば、他の「守護者」を持つカードを、4枚ずつ合わせて8枚入れることができますか?
    A. いいえ、「守護者」を持つカードは違うカード名のカードであっても、デッキに合計4枚までしか入れることができません。
  • Q3713 (2017-10-20)
    Q. このユニットの能力を使用したバトルで相手はドライブチェックを行ないますか?
    A. はい、行ないます。ヒットはしませんが、バトル自体はそのまま行なわれます。
  • Q3720 (2017-10-20)
    Q. バインドゾーンの裏向きのカードは公開情報ですか?
    A. いいえ、違います。バインドゾーンに裏向きで置かれているカードの情報は、そのカードのオーナーのみ見ることができます。
  • Q3742 (2017-10-20)
    Q. この「裏でバインドする」(バニッシュデリート)は、デリートですか?「デリートした時」のような能力は発動しますか?
    A. いいえ、「裏でバインドする」(バニッシュデリート)はデリートではありません。ですので、「デリートした時」等の能力は発動しません。

収録情報 節を編集

クランブースター混沌と救世の輪舞曲G-CB06/016 RR イラスト/TODEEすべてを撥ね退け、やがて自らをも拒絶する。