絆の根絶者(ドッキング・デリーター) グレイヲン/Docking Deletor, Greion》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - エイリアン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2) - カード名に「根絶者」を含むカード,あなたのカード名に「根絶者」を含むリアガードを1枚選び、退却させる] 相手のヴァンガードをすべてデリートし、相手は自分のドロップゾーンから1枚選び、裏でバインドする。(デリートされたユニットは裏向きになり、パワーが0でテキストを失う。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【自】:このユニットが(V)に登場した時、相手は自分のドロップゾーンから2枚選び、裏でバインドする。

 先導者と根絶者で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 起動能力エスペシャルカウンターブラスト(2)と「根絶者」のリアガード1枚の退却相手ヴァンガード全てをデリートし、相手は自身のドロップゾーンから1枚を裏でバインドするというもの。

 コストはそれなりに重く厳しいものだが《威圧する根絶者 ヲクシズ》《混じり合う根絶者 ケヰヲス》等よりは軽い。
 ヴァンガードデリートする能力としてはかなり扱いやすい。

 特にコストエスペシャルカウンターブラスト(2)であるので、《威圧する根絶者 ヲクシズ》のように再利用するために《貪り喰う根絶者 ジェヰル》《享受する根絶者 ヰゴール》等を必ずしも利用する必要がない。
 また、起動能力なので《並列する根絶者 ゼヰール》《混じり合う根絶者 ケヰヲス》のように再利用するために再ライドで余計にカードを消費する必要もなく、使用するタイミングもある程度自由に選ぶことができる。

 ヴァンガードデリートだけでなく相手に自身のドロップゾーンカードを裏でバインドさせることができる。
 それによって、シークメイト等のドロップゾーンを利用する能力を阻害することができる。
 とはいえ、枚数が少ない上にバインドするカード相手が選ぶので《ホーリーナイト・ガーディアン》等のドロップゾーンにあることに意味があるカードを狙ってバインドすることはやや難しい。
 他の相手カードを裏で置く手段との併用が前提となるが、《始源根絶者 ヱヰゴヲグ》起動能力にある勝利する追加効果要件達成に貢献できる。

 ヴァンガードサークル登場した時の能力でも相手ドロップゾーンから2枚を裏でバインドできる。
 起動能力や他のカードによるドロップゾーンバインド手段と併せて、相手ドロップゾーンの利用をより大きく阻害することができる。
 ただし、状況次第では相手ドロップゾーンカードが置かれていない可能性もある。
 事前に相手リアガードアタックするか、敢えて相手ガードしやすいパワーアタックする等して対応するのがベストだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1595 (2015-09-25)
    Q. デリートされているヴァンガードがさらにデリートされました。どうなりますか?
    A. デリートされているユニットをデリートしようとした場合、そのデリートでは何も行ないません。
  • Q1596 (2015-09-25)
    Q. ヴァンガードがデリートされるとどうなりますか?
    A. デリートされると、そのユニットをそのままの向きで裏向きにし、「デリートされているユニット」になります。持ち主のターンのエンドフェイズの始めに、そのファイターの「デリートされているユニット」はすべてそのままの向きで表に戻ります。「デリートされているユニット」はパワーが0になり、表面に書かれたテキストのみを失い、スキルアイコン、グレード、カード名、クリティカルなど他の情報は維持します。デリート前に受けたパワー修正、能力の追加や喪失効果は維持されます。デリートされたユニット自身に書かれていた永続能力によるパワー修正、能力の追加および喪失効果は維持しません。
  • Q1597 (2015-09-25)
    Q. デリートされたヴァンガードはバトルを行なえますか?
    A. はい、行なえます。ヒットした場合の処理やドライブチェック等も行なえます。
  • Q1598 (2015-09-25)
    Q. デリートされたヴァンガードをブーストできますか?
    A. はい、できます。
  • Q1599 (2015-09-25)
    Q. 双闘しているヴァンガードがデリートされると、双闘状態はどうなりますか?
    A. 双闘状態は維持され、ユニットはヴァンガードサークルに残ります。
  • Q1600 (2015-09-25)
    Q. デリートされているヴァンガードに超越した場合、どうなりますか?
    A. 通常の超越と同じように、元のヴァンガードは表向きでハーツとなり、Gユニットは選んだハーツ1枚のカード名と書かれているパワーを得ます。デリートはカード名やグレード、書かれているパワー等の情報は変更せず、また超越は元のヴァンガードの配置状態以外の状態を引き継ぎません。ですが、デリートによって元のヴァンガードのテキストは失われた状態で超越が行なわれるため、元のヴァンガードが持つ「超越した時」等の能力は発動しません。
  • Q1601 (2015-09-25)
    Q. この「裏でバインドする」(バニッシュデリート)は、デリートですか?「デリートした時」のような能力は発動しますか?
    A. いいえ、「裏でバインドする」(バニッシュデリート)はデリートではありません。ですので、「デリートした時」等の能力は発動しません。
  • Q1610 (2015-09-25)
    Q. ドロップゾーンが1枚の場合、「2枚選び」の部分はどうなりますか?
    A. その1枚を選び、裏でバインドします。
  • Q1611 (2015-09-25)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q1612 (2015-09-25)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも使うことができます。
  • Q1647 (2015-09-25)
    Q. ドロップゾーンが1枚の場合、「2枚選び」の部分はどうなりますか?
    A. その1枚を選び、裏でバインドします。

収録情報 節を編集

コミックブースター先導者と根絶者G-CMB01/005 RRR デザイン:伊藤彰 イラスト:ヨシモト奴らは、過去すら根絶する。
G-CMB01/S04 SP デザイン:伊藤彰 イラスト:ヨシモト(※なし)