波動する根絶者(ウェイビング・デリーター) グレイドール/Waving Deletor, Greidhol》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - エイリアン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】:[【ソウルブラスト】(1) - 「絆の根絶者 グレイヲン」,あなたのカード名に「根絶者」を含むリアガードを1枚選び、退却させる] 相手のヴァンガードをすべてデリートし、相手は自分のドロップゾーンから1枚選び、裏でバインドする。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から5枚見て、「絆の根絶者 グレイヲン」を1枚選び、ソウルに置き、その山札をシャッフルし、相手の前列のリアガードを1枚まで選び、退却させ、相手は自分のドロップゾーンから1枚選び、裏でバインドする。

 「カードファイト!! ヴァンガード」コミック第9巻で付属したグレード3のリンクジョーカー

 エスペシャルソウルブラスト(1)と「根絶者」のリアガード1枚の退却という破格のコストヴァンガードデリートすることができるカード
 起動能力であるため使用するタイミングも融通が効き、さらに相手に自身のドロップゾーンから1枚を裏でバインドさせることができる。しかしコストが軽い分エスペシャルソウルブラストの指定は非常に厳しく、《絆の根絶者 グレイヲン》のみが指定されている。

 自身の自動能力《絆の根絶者 グレイヲン》ソウルインを狙うこともできるが、誘発条件効果の関係から確実性に欠けるため、再ライド分のディスアドバンテージを承知した上でこのカード《絆の根絶者 グレイヲン》ライドさせることを前提として利用するのが望ましい。
 《絆の根絶者 グレイヲン》も異なるコスト相手ヴァンガードデリートを狙えるので、このカードまでの繋ぎとしてはかなり優秀である。

 自動能力デッキトップ5枚から《絆の根絶者 グレイヲン》ソウルインを狙うことができ、さらに相手前列リアガード退却相手ドロップゾーンから1枚を裏でバインドできる。
 ソウルインの成功率はあまり高くないが、残りの効果だけでも十分価値があるので、運が良ければ起動能力コストを稼げる程度の認識で運用したい。
 特にパワーを増加させる手段はないものの、起動能力デリートした上であればガード強要で大量のシールドを要求できる。

 「グレイ」に属するカードであることから《欺く根絶者 ギヴン》能力スタンドすることができ、自動能力によるガード強要を複数回狙うこともできる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカード「カードファイト!! ヴァンガード」コミック第9巻付属カードPR/0337 イラスト/伊藤彰つらい事は忘れるべきだ。そうだろう?
PRカードW1000導者キャンペーン『ファイト賞』PR/0340 イラスト/伊藤彰消去、削除、否定、根絶……全てが無くなるまで。