《お()けのみっく一家(ファミリー)/Mick the Ghostie and Family》 節を編集

トリガーユニット 【醒】(スタンドトリガー) 〈0〉 (ブースト) (【1枚まで使用可】)
グランブルー - ゴースト パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】:亡霊((R)に登場時、亡霊状態にしてよい。そうしたら、ターン終了時に退却)
【自】【Gブレイク】(1):このユニットがドロップゾーンから(R)に登場した時、このユニットが亡霊状態なら、他のあなたのユニットを1枚まで選び、そのターン中、パワー+10000し、このユニットは【自】:このユニットが(R)から退却した時、このカードを山札に戻し、山札をシャッフルする。』を得る。

 刃華超克で収録されたグランブルースタンドトリガー

 ジェネレーションブレイク(1)は、ドロップゾーンからリアガードサークル登場した時に自身が亡霊状態なら、他のユニット1枚までにパワー+10000を与え、『リアガードサークルから退却した時に自身を山札に戻す自動能力』を得る自動能力

 左列右列での高パワーラインの形成を《悪霊竜 ガストドラゴン》《腐海の呪術師 ネグロルーク》に依存しやすい【グランブルー】では、1枚分のディスアドバンテージを負うことになるとはいえパワー+10000を適当なユニットに与えることができるのは魅力的である。

 同時に得る能力では、リアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時に自身を山札に戻すことで、山札トリガーユニットの補充が行える。
 亡霊関連としては比較的貴重な、登場した時点で完全に役割を終える能力なので、時限誘発を待たずすぐにユニットの重複処理コスト退却させてしまってもよく、その場合は直後のドライブチェックパワーを与えたリアガードスタンドを期待することもできる。

 ただ、山札に戻ってしまうことでドロップゾーンから再度スペリオルコールして即座に再利用するといったことが難しくなるという難点にもなる。
 《夜霧の吸血姫 ナイトローゼ》リアガードドロップゾーンに置かれた時の能力を利用したり、このカードがいるリアガードサークル《深淵の呪術師 ネグロマール》等をコールして、山札に戻る能力プレイする前に能力でこのカードスペリオルコールすれば使い回しを狙うことができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1934 (2016-02-18)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q1935 (2016-02-18)
    Q. 「~そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。」効果を得たり与えられたりしたユニットが、他の効果でリアガードサークル以外の場所に置かれました。そのカードはどうなりますか?
    A. 何も起きません。カードがフィールド以外の場所に移動した場合、そのカードは別のカードとして扱われます。
  • Q1936 (2016-02-18)
    Q. 亡霊とはなんですか?
    A. 亡霊とは、この能力を持つユニットをリアガードサークルにコールした時、そのユニットをそのターン中、亡霊状態にすることができる能力です。亡霊状態となったカードはターンの終了時に退却します。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/094 C イラスト/はま大きなつづらはお化けだよー。
PRカード光る!スタンド&ドローパックPR/0564 イラスト/はま家族ぐるみのお憑きあいー。