封竜(ふうりゅう) 節を編集

概要 節を編集

 「封竜」を中心とした【かげろう】

 《封竜 ブロケード》《炎星の封竜騎士》相手ユニットインターセプトを封じ、《封竜 コーデュロイ》等で相手後列を処理しブーストの阻害まで行うのが基本戦術となる。
 機を見て《炎獄封竜 ブロケード・インフェルノ》《封竜 ジョーゼット》能力に繋げ、そのまま高パワーでフィニッシュを狙うのが、理想的な流れ。

 相手グレード2のユニットがキーとなる能力が多く、如何に相手リアガードサークルグレード2を縛り付けておくかが焦点。

構築について 節を編集

「封竜」のカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「封竜」以外のカード 節を編集

―グレード1

―グレード0

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 まず最初に《封竜 ブロケード》《炎星の封竜騎士》インターセプト封じができないといくつかの「封竜」のカード能力の有用性が薄くなることがある。

 序盤に《炎獄封竜 ブロケード・インフェルノ》《封竜 ジョーゼット》ライドしてしまうと相手が優先してグレード2を処理してしまうので多少前列不足になりがちになるものの、効果が薄くなる。

 特に気をつけるべきは、こちらに何らかの被害を与えるグレード2をコールさせてしまうこと。
 《ブラスター・ブレード》《バーサーク・ドラゴン》等の能力誘発させてしまっては、例え相手パワーラインを崩せてもあまり意味がない。
 特に相手ヴァンガード《抹消者 スイープコマンド・ドラゴン》であった場合、自動能力誘発させてしまい逆に前列を壊滅させられた上パワーもあがってしまったという事になっては目もあてられない。

 また要の《炎獄封竜 ウェザークロス》《封竜 コーデュロイ》などグレード2のリアガードを増やさせる能力相手スペリオルコールするかしないか選べるため、中々うまい具合に機能しない。

 ある程度は「こちらの能力を使わせないように相手の行動を制限している」と割り切って使用するしかない。

 《炎獄封竜 ブロケード・インフェルノ》《封竜 ジョーゼット》の派手な能力に目を取られがちだが、実は相手インターセプトブーストを阻害し、その過程で得た高いパワー等で相手手札を削ったりと、地道にコツコツとアドバンテージを取っていくデッキ

 また、従来の【かげろう】同様カウンターブラストの消費量が激しいので、《封竜 ターポリン・ドラコキッド》が利用できるといえでも《封竜 コーデュロイ》《封竜 テリークロス》の使用タイミングはよく考える必要もある。

 相手リアガード退却コストにしてしまえる能力の多い【シャドウパラディン】【たちかぜ】【グランブルー】【銃士】、一部の【ゴールドパラディン】などの場合、一応インターセプトは封じておけるのでそこまで致命的ではないものの、インターセプトブースト封じの効き目が薄い。
 ピンポイントではあるが《インペリアル・ドーター》に対しても多くのカードが無意味になる。

関連リンク 節を編集