【ドラゴニック・ブレードマスター】 節を編集

概要 節を編集

 「ドラゴニック・ブレードマスター」及び「ブレードマスター」のサポートの利用を主体とした【かげろう】

 基本的にはジェネレーションブレイク能力主体の【かげろう】であり、6ターン目以降からしか本格的な運用がしづらいものの、退却の質と量は【かげろう】だけでなく全クランから見ても随一と言って良いだろう。

 関連カードやサポートカードの中には単に退却だけでなく、手札を増やす能力を持つカードもいくつかあるので安定性も中々高い上に、パワー増加能力を持つリアガードも充実しているのでパワーラインも高めである。

 相手リアガードの展開を渋ってきた場合は、退却させることができる相手リアガードの枚数が減りやすい反面、《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》《ドラゴンナイト ムブディ》等の効率を上げやすくなるので、特段支障は少ない。

 また、カード効果相手リアガード退却させることで処理することが得意である事から竜炎能力を利用することでヴァンガード竜炎状態にしやすく、「ドラゴニック・ブレードマスター」の関連カードのうち、《ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”》《セレイテッド・ドラコキッド》竜炎能力を持つカードに関連する効果を含む能力を持っているので、それらの能力を利用する場合は竜炎能力を持つカードを優先して採用しておくと良いだろう。

構築について 節を編集

―キーカード

―竜炎能力を持たない超越スキル

―Gガーディアン

―「ドラゴニック・ブレードマスター」以外の竜炎能力を持つグレード3

―「ドラゴニック・ブレードマスター」以外の竜炎能力を持たないグレード3

―竜炎能力を持つグレード2

―竜炎能力を持たないグレード2

―竜炎能力を持つグレード1

―竜炎能力を持たないグレード1

―竜炎能力を持つグレード0

―竜炎能力を持たないグレード0

―竜炎能力を持つトリガーユニット

―竜炎能力を持たないトリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

他のデッキとの比較 節を編集

 ジェネレーションブレイク能力を持つカードが主体となるので、【かげろう】の中では始動が遅く、本格的な運用が6ターン目以降になりやすいものの、トップクラスの退却能力を有しており、更に《ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”》《ドラゴンナイト ムブディ》等で手札も補充が利きやすい。
 相手リアガードを減らすことで効率が良くなる《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》《ドラゴンナイト ムブディ》等の存在から攻撃面でも申し分ない。

このデッキの弱点 節を編集

 ジェネレーションブレイク能力を持つカードが主体となるので、5ターン目まではアドバンテージを得られない事が多いので、速攻を得意とするデッキはやや苦手としている。

 同時にグレード3のカードノーマル超越を半ば前提にしているので、ノーマル超越に失敗すると大きな痛手になりやすい。
 手札を増やすカードはいくつかあるが、ノーマル超越コストを容易に払っていける余裕のある構築を心掛けたい。

 相手リアガードが多い場合は退却能力《ドラゴンモンク ギョクリュウ》等のそれによって利点となるカードを利用し、逆に相手リアガードが少ない場合は《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》《ドラゴンナイト ムブディ》等の効率を上げる事ができるので、それらを使い分けることで大概の状況には対処できるので、目立って大きい弱点はあまりない。

 強いて言うなら、抵抗カード効果で選ばれなくなったり、退却しないといった類の能力を持つリアガードを多く並べられると退却を行うことも相手がそのリアガードを出し渋ることも少ないので対処しづらい。
 主軸候補の《ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”》の各ターンの終了時の能力を利用する場合は、特にその弊害を受けやすい。
 前列に置かれたそれらはバトルで直接退却を狙える反面、《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》等で対処できなくなるので注意が必要である。
 抵抗に関しては、同じ縦列カード効果で選べる相手リアガードがいる場合は、《炎帝龍王 ルートフレア・ドラゴン》で対処できるので、採用しておくと良いだろう。
 中央列後列に置かれた抵抗を持つリアガードは曲者で、利用できるのが極端に遅い《覇天皇竜 ブレイジングバースト・ドラゴン》位でないと処理できないので、その場合は全てのリアガードの処理は諦めたい。

 また、1ターン退却できるリアガードは2~4枚程度が基本となるので、相手リアガードサークルが全て埋まっていると流石に全てを退却しきることは難しい。
 【ゴールドパラディン】【銀の茨】【十二支刻獣】といった複数のリアガードサークルへのスペリオルコールを容易に行えるデッキに対しては、退却による恩恵は少し得にくいので少し苦手としている。
 ただし、大量のリアガードが躊躇い無く置かれやすいということで、それらを多く退却することで《ドラゴンモンク ギョクリュウ》等のパワーを大幅に上げられるという見方もできるので、一概に苦手という訳ではない。

 他の【かげろう】と同様にカウンターブラストを多用するデッキであるが、《ドラゴンナイト ナーデル》等でカウンターチャージを狙えるので構築次第では十分補うことができるだろう。

関連リンク 節を編集