【ドラゴニック・ブレードマスター】 節を編集

概要 節を編集

 「ドラゴニック・ブレードマスター」のサポートと、それらと親和性の高い竜炎能力の利用を主体とした【かげろう】

 基本的にはジェネレーションブレイク能力主体の【かげろう】であり、例に漏れず本領発揮するまでにやや足が遅めであるが、竜炎能力持ちのカードはタイミングの制限がないものも多く、また汎用性の高い旧来のカードも無理なく組み込めるので、使い勝手自体は悪くない。

 退却能力もタイミングの制限がない分対象が限定的なものや、Gユニットジェネレーションブレイク能力で速度が遅い分コスト効率の良いものや対象を選ばない自由度の高いものなど、一通りのものは揃っており、退却性能自体は【かげろう】だけでなく全クランから見ても随一と言って良いほどの小回りの良さを誇る。

 基本戦術としてはコスト効率の良い竜炎状態関連の能力アドバンテージを稼ぎつつ、それを嫌って展開してきた相手リアガード退却能力で排除する、というのが理想的な流れであり、上手くハマれば相手リアガードを展開する事も控える事も狙い目でなくなってしまうジレンマに陥れるなど、嫌らしい事この上ない状況になる事もある。

 一方でダメージレースに直結するような能力にはあまり縁がなく、パワー補助も同時期に構築可能になったテーマデッキと比べると大人しいと言わざるを得ないレベルであり、勝ち筋の構築やそのアプローチに難があるのが悩ましい。

 総じて優位には立ちやすいが決着が着けにくいデッキと言え、フィニッシャーとなり得るGユニットの殺傷性を如何に高められるかが大きなポイントだろう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 他の【かげろう】と同様に純粋な展開力自体は相変わらず低く、さらにGユニット超越できなければ機能しないカードが多く速攻への対応が厳しい。
 しかし、個々の打点の水準は上昇傾向にある為、無理に展開せずとも戦線を維持しやすくなっている為、そういった点では従来のかげろうに比べると多少は改善傾向にあると言える。

 《ドラゴンナイト ソヘイル》《ドラゴンナイト タンナーズ》《ドラゴンモンク ギョクリュウ》等がパワーライン底上げの肝となっているので、退却呪縛で無力化できるデッキには弱い。

関連リンク 節を編集