【ドラゴニック・ブレードマスター】 節を編集

概要 節を編集

 「ドラゴニック・ブレードマスター」及び「ブレードマスター」関連と竜炎能力関連のサポートの利用を主体とした【かげろう】

 基本的にはジェネレーションブレイク能力主体の【かげろう】であり、6ターン目以降からしか本格的な運用がしづらいものの、退却の質と量は【かげろう】だけでなく全クランから見ても随一と言って良いだろう。

 関連カードやサポートカードの中には単に退却だけでなく、手札を増やす能力を持つカードもいくつかあるので安定性も中々高く、パワー増加能力を持つリアガード要員も充実しているので各縦列で要求シールド値の増加が期待しやすい。

 相手リアガードの展開を渋ってきた場合は、退却させることができる相手リアガードの枚数が減りやすい反面、竜炎能力要件を満たすために必要なリアガードの枚数を調整する手間が省けたり、《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》《ドラゴンナイト ムブディ》等の効率を上げやすくなるので、特段支障はない。

構築について 節を編集

―キーカード

―竜炎能力を持たない超越スキル

―Gガーディアン

―竜炎能力を持つグレード3

―竜炎能力を持たないグレード3

―竜炎能力を持つグレード2

―竜炎能力を持たないグレード2

―竜炎能力を持つグレード1

―竜炎能力を持たないグレード1

―竜炎能力を持つグレード0

―竜炎能力を持たないグレード0

―竜炎能力を持つトリガーユニット

―竜炎能力を持たないトリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

他のデッキとの比較 節を編集

 ジェネレーションブレイク能力を持つカードが主体となるので、【かげろう】の中では始動が遅く、本格的な運用が6ターン目以降になりやすいものの、ヴァンガード竜炎状態となる使えるようになるパワー増加能力による全体的な要求シールド値の増強、《ドラゴンナイト イウサール》目標を一切選ぶことなく行う縦列退却《ドラゴンナイト ムブディ》《ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”》といった手札の増強手段が特徴に加わっている。
 相手リアガードを減らすことで効率が良くなる《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》《ドラゴンナイト ムブディ》等の存在から攻撃面でも申し分ない。

このデッキの弱点 節を編集

 ジェネレーションブレイク能力を持つカードが主体となるので、5ターン目まではアドバンテージを得られない事が多いので、速攻を得意とするデッキはやや苦手としている。

 同時にグレード3のカードノーマル超越を半ば前提にしているので、ノーマル超越に失敗すると大きな痛手になりやすい。
 手札を増やすカードはいくつかあるが、ノーマル超越コストを容易に払っていける余裕のある構築を心掛けたい。

 竜炎能力の性質上、最低限リアガードの枚数を相手よりも1枚以上の状態となればそれ以上の退却は無理に行う必要性ないとはいえ、抵抗等のカード効果目標にできない、あるいは退却しないといった類の能力を持つリアガードを多く並べられたり、呪縛でこちらのフィールドを圧迫されてリアガードの枚数を揃えられなくると機能不全に陥る可能性がある。
 一応、抵抗等は《炎帝龍王 ルートフレア・ドラゴン》《ファイヤーチェイス・ドラゴン》等の目標を選ばない退却手段、呪縛等は《ドラゴンナイト イウサール》《ドラゴンナイト ナーイム》等の自発的にフィールドを離れることができるカードを利用することである程度の対処はできる。

 《ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”》《ドラゴンモンク シンセン》ターンの終了時の能力相手リアガードがいないという要件が含まれているが、1ターン退却させることができるリアガードは多くても2~4枚程度となるので、相手リアガード5枚揃っている状態からその全てを退却させることは難しく、無理に狙うのも逆にリソースの浪費に陥る可能性があるため得策ではない。
 【ゴールドパラディン】【銀の茨】【十二支刻獣】等といった手札を温存しつつ複数のリアガードサークルへのスペリオルコールを容易に行えるデッキに対しては、これらの能力の利用が少々狙いにくくなるので留意しておきたい。

 他の【かげろう】と同様にカウンターブラストソウルブラストを多用するデッキであるが、《ドラゴンナイト ナーデル》《ドラゴンナイト ナーイム》等でそれらのリソースの補充を狙えるので構築次第では補うことができるだろう。

関連リンク 節を編集