《ドラゴンナイト イウサール/Dragon Knight, Ysaar》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
かげろう - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:竜炎(あなたの各アタックの開始時、リアガードが相手より多いなら、そのターン中、あなたのヴァンガードを竜炎状態にする)
【自】【(R)】【Gブレイク】(2):[【ソウルブラスト】(1)] このユニットがアタックした時、あなたの竜炎状態の「ブレードマスター」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、相手はインターセプトできない。そのバトルの終了時、このユニットと同じ縦列にいるリアガードすべてを退却させてよい。

 究極超越で収録されたグレード2のかげろう

 2つ目の能力は、アタックした時に竜炎状態の「ブレードマスター」のヴァンガードがいるなら、ソウルブラスト(1)で、パワー+5000を得て、相手インターセプトできなくなり、そのバトルの終了時に自身と同じ縦列にいるリアガードすべてを退却させてよいジェネレーションブレイク(2)の自動能力

 竜炎状態の「ブレードマスター」のヴァンガードがいることを要件に抵コストで、パワー14000となりつつインターセプトの封殺を行うと継続効果を適用すると共に、自身と同じ縦列にいるリアガードすべてを任意に退却させるバトルの終了時の時限誘発の作成が行える。
 《ドラゴンナイト ムブディ》と同様にジェネレーションブレイク(2)の有効化も行っておく必要があるので、Gゾーンに表のカードがない状態から利用するには《神龍騎士 ムスタファー》《覇天皇竜 エクセンドグレイブ・ドラゴン》等を利用する必要がある点に留意しておきたい。

 時限誘発による退却はこのカード自身も範囲に含まれているので最大1:2交換となるが、抵抗等で効果目標にすることができない相手リアガードでも退却させることが可能なので、後続の《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》《ドラゴンナイト ムブディ》能力の有力なサポート手段となり、相手リアガードを全滅させることに成功すれば《ドラゴニック・ブレードマスター“紅焔”》ターンの終了能力にも繋がる。
 後列ブースト役を置くとこちらが負うディスアドバンテージが増えてしまうが、要件が共通する《ドラゴンナイト ナーイム》なら同じくバトルの終了時の時限誘発フィールドから離れられるので気になりにくくすることはできる。
 このカード自身をも退却させてしまう点も以降のタイミングで呪縛を回避して、以降のターンでの利用する竜炎能力への影響を減らせるといった利点として見られなくもない。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3759 (2017-11-17)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3809 (2017-11-17)
    Q. 竜炎とは何ですか?
    A. 竜炎とは、あなたのアタックステップ開始時に、あなたのリアガードが相手より多いなら、あなたのヴァンガードを竜炎状態にする能力です。
  • Q3810 (2017-11-17)
    Q. 一度竜炎状態になったあと、リアガードの枚数が増減し、相手より枚数が少なくなった場合、竜炎状態は解除されますか?
    A. いいえ、されません。そのターン中は竜炎状態は維持されます。
  • Q3811 (2017-11-17)
    Q. バトル中に再ライド等によってヴァンガードサークルのカードが別のカードになった場合、竜炎状態も引き継ぎますか?
    A. いいえ、引き継ぎません。もし次のアタックステップがあるなら、改めてリアガードの枚数をチェックします。
  • Q3813 (2017-11-17)
    Q. 竜炎能力が発動する「あなたの各アタックの開始時」とは具体的にいつですか?
    A. 「アタックステップ開始時」です。これは、それぞれのバトルの始まりにあるアタックをするかどうかを決めるタイミングです。

収録情報 節を編集

ブースターパック究極超越G-BT13/071 C イラスト/いけだおいおい……男の勝負に割って入るのは御法度だぜ?