炎星(えんせい)封竜騎士(ふうりゅうきし)/Flame Star Seal Dragon Knight》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
かげろう - フレイムドラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのカード名に「封竜」を含むヴァンガードがいるなら、そのターン中、相手のリアガードすべては【インターセプト】できない。

 光輝迅雷で収録されたグレード2のかげろう

 《封竜 ブロケード》永続能力効果を一時的に発生させることができる。
 これにより相手グレード2のインターセプトによる退却を妨害し、《炎獄封竜 ブロケード・インフェルノ》《封竜 ジョーゼット》能力を補助することができる。

 「封竜」のヴァンガードがいることが要件となっているので基本的に【封竜】で使うことにとなってくる。
 「封竜」のカードの中でも特にカウンターブラストを伴わず、継続的に相手グレード2のリアガードを維持しなければならない《封竜 ジョーゼット》との相性が良い。

 《封竜 ジョーゼット》《ドーントレスドライブ・ドラゴン》ブレイクライドした際に、このカードを使えばインターセプトを封じることによってシールド値を減らし、なおかつ再スタンド後にもパワークリティカルの恩恵を受けやすくさせることが可能となる。

 《炎獄の封竜騎士》と比べるとパワーの増加こそないが、こちらはコストソウルブラストを含まずヴァンガードサークル上でも能力を使用できる点から、こちらの方が優れる状況も十分に考えられる。

 また、他のリアガードサークルに同量のコストインターセプトを封じたうえで強力なブーストが行える《封竜 ガリサージ》がある場合は、基本的にそちらにコストを回した方が良いが、そちらのパワーが上昇しても有効な要求シールド値が変わらない場合やそちらがブーストするタイミングが2回目以降のバトルとなってしまう場合であれば、こちらの能力を利用した方が良いだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

侵略者への対抗手段を一つでも増やすべく、一時的に地上への帰還を許された「封竜」の一人。 今より数百年も前に皇帝の居城に務めていた騎士だったが、当時頻発していたクーデターの一つに巻き込まれ、反逆者側の魔導士に操られてしまう。 結果、破壊と殺戮を繰り返した大罪人として、「マグナ・プリズン」への収監と力の封印、さらに当時の慣習にあった最上級の刑罰である「名の剥奪」を受け、自身の名を失った。 収監されていく彼が最後に見たものは、閉じ往く扉から漏れた僅かな光だったという。 以来、彼は「自由」と「光」を渇望するようになり、一時的でも外へ出る機会を得られるのであれば、如何な汚れ仕事も請け負う裏の仕事人となった。 依頼を成す度、刑期は減り、いずれは本当の自由を取り戻せる。 彼が侵略者を屠るのは徹頭徹尾、自身の自由の為。 星や国を救う気など、毛頭ない。

FAQ 節を編集

  • Q720 (2013-12-11)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q751 (2013-12-11)
    Q. このユニットの能力の起動後、「封竜 コーデュロイ」の能力でグレード2のカードがコールされました。そのターン中、そのユニットはインターセプトできますか?
    A. いいえ、できません。この能力はパワー、クリティカル、能力の追加などのカードの情報を修整する能力ではなく、ゲームのルールを変更する能力です。そのため、相手は解決時にコールされていないユニットでもインターセプトできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック光輝迅雷BT14/077 C イラスト/三好載克動くな(フリーズ)