《お()けのぴーたー/Peter the Ghostie》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
グランブルー - ゴースト パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【起】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの山札の上から2枚をドロップゾーンに置く,このユニットをソウルに置く] あなたの《グランブルー》のヴァンガードがいるなら、1枚引く。

 絶禍繚乱で収録されたグレード0のグランブルー

 カウンターブラストを要するが、状況に関係なく1:1交換を行うことができ、手札事故率を軽減できる使いやすいファーストヴァンガード要員。

 デッキトップから2枚をドロップゾーン送りにするコストがあるが、序盤の時点では将来的に不利益になるかは運次第。
 有用なカードドロップゾーン送りにできる可能性を生む可能性も少なくないので、総合的には利点であると考えても問題ないだろう。

 デッキトップからのカードドロップゾーン送りを目的とした能力を持つ《案内するゾンビ》《キャプテン・ナイトキッド》に対しては、純粋なドロップゾーン送りの手段としてはやや劣っているものの、ディスアドバンテージを生じさせない点で一線を画す。

 《スケルトンの切り込み隊長》と比べても確実にカードを1枚取り戻せるので躊躇いなくソウルインできる点、元々のパワーで勝っているが、ライド事故の軽減という観点では必要になることが多いグレード3をより高い確率で手札に加えるあちらに劣る面もある。

 カードアドバンテージを失うことなくドロップゾーンカードを増やせるので、シークメイトの補助という点でも優秀である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

アンデッド海賊団“グランブルー”の下っ端団員。 先輩ゴーストのような個性あふれるお化けになる為に、日々努力を重ねている……らしい。 成りたてほやほやのゴースト達のリーダー役で、海底で拾ったお気に入りのアクセサリーをその証として自慢げにつけている。 リーダーである事を誇りに思っており、しょっちゅう手下を呼びつけては空を指差して「かっこよさそうな台詞」を叫んでいるが、自分でも意味はよくわかっていない。 頑張り屋だが、ゾンビのような体力も、魔法生物のような特殊能力も、ヴァンパイアのような高い知能も持たない為、任される仕事はもっぱら船の掃除などの雑務ばかりである。 しかし、最近は新人バンシーのボディーガードという新たな仕事を与えられ、ゴースト一同やる気に満ち満ちているとの事。 真のボディーガードは別に控えているのだが、もちろんそれは内緒である。

FAQ 節を編集

  • Q602 (2013-09-12)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック絶禍繚乱BT13/088 C イラスト/uniいいか! 俺達は、
あのなんとなく輝いてる星っぽいモノになるんだ!