【コキュートス】 節を編集

概要 節を編集

 「コキュートス」と《氷獄の冥界神 コキュートス・ネガティヴ》を中心とした【グランブルー】

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 《氷獄の冥王 コキュートス “Я”》《氷獄の冥界神 コキュートス・ネガティヴ》等の存在でリアガードの不足は容易に補充できる。
 ただ、コストデッキトップからカードドロップゾーンに置く行為はデッキアウト山札トリガーユニットの枚数の低下に繋がりうるため、長期戦になりすぎるとかえって不利になる。

 また、カードは低パワーのものが多く、パワー18000ラインを作るのが難しい。
 場合によってはパワー16000ラインの構築すらままならない場合もある。防御力の高い【マシニング】は天敵と言える。

 また、インターセプトを活用することが戦術上の前提となりやすいため、局所的ではあるが【封竜】を始めとしたインターセプト封じを得意とするデッキとかなり相性が悪い。

関連リンク 節を編集