【コキュートス】

概要

 「コキュートス」と《氷獄の冥界神 コキュートス・ネガティヴ》を中心とした【グランブルー】

 クロスライドによる堅牢な防御力とカウンターブラストの消費が少ないドロップゾーンからのスペリオルコール能力によって戦線を維持しやすいのが特徴。
 主な戦術がダメージゾーンの枚数、正確にはリミットブレイクの有効化に左右されるという難点があるが、相手ヴァンガードグレードに左右されないという魅力がある。

 反面、スペリオルコール能力コストに『デッキトップ3枚をドロップゾーンに置く』ものが多いためグランブルーの中でも特にデッキアウトの危険性が高い。
 そのためデッキアウト対策のカードを投入するか、デッキアウトする前に勝つかその時のドロップゾーンの状態等から戦略を練る必要がある。

構築について

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点

 《氷獄の冥王 コキュートス “Я”》《氷獄の冥界神 コキュートス・ネガティヴ》等の存在でリアガードの不足は容易に補充できる。
 ただ、コストデッキトップからカードドロップゾーンに置く行為はデッキアウト山札トリガーユニットの枚数の低下に繋がりうるため、長期戦になりすぎるとかえって不利になる。

 そのため 《氷獄の冥王 コキュートス “Я”》等で賄いきれないほど大量にリアガード退却させるデッキ相手の場合、コストが払えなくなり能力誘発が儘ならなくなってしまう。

関連リンク