《ダンシング・カットラス/Dancing Cutlass》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
グランブルー - ゴースト パワー5000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【ソウルブラスト】(2)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの《グランブルー》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 竜魂乱舞で収録されたグレード1のグランブルー

 手札を減らさずにリアガードを増やせる一方、パワーが非常に低い欠点を持つカード
 《サムライスピリット》などのコストとして使うことができる【グランブルー】においては、難点であるパワー不足を気にせずに使用できる非常に便利なカードへと化ける。

 ソウルに置かれている《海中散歩のバンシー》《サムライスピリット》等のドロップゾーンに置かれている必要があるカードドロップゾーン送りにする役割も果たすことができる。
 この能力ドローしたカードも、このゲームの仕様上フィールドを経由したりコストにしたりすることで簡単にドロップゾーン送りにできる、とドロップゾーンカードが重要なグランブルーでは至れり尽くせりな働きを果たす。
 また、シークメイトコストも稼ぐ事ができ、他に《お化けのぴーたー》《ルイン・シェイド》能力を1回使用できれば、4枚のカードドロップゾーン送りにできるため、早期にシークメイトコストを稼ぐことが出来る。

 ただし、ソウルブラスト(2)は通常複数回払えるかどうか際どいコストであり、さらに《流氷の剣士 ナイトスノウ》《デッドリースピリット》《デッドリーナイトメア》、そして似た能力を持つ《海中散歩のバンシー》とはコストが競合してしまう。
 《荒海のバンシー》の存在から2回までなら比較的容易に使用できるものの、積極的に併用したいならば、再ライドを狙うか、《魔の海域の王 バスカーク》ヴァンガードサークルに置くか、《スピリットイクシード》スペリオルライドを狙う必要が出てくる。

 能力の似ている《海中散歩のバンシー》に比べてコスト効率やパワーで劣るが、ドロップゾーンからスペリオルコールしづらい《魔の海域の王 バスカーク》軸ではこちらのほうが使用しやすい。
 ドロップゾーンからのスペリオルコールがしやすいデッキでもあちらと併用することも十分考えられる。
 その際は後列パワーが低くなりがちになってしまうので《サムライスピリット》《キャプテン・ナイトミスト》等のスペリオルコールコストにしたり、《氷獄の冥王 コキュートス “Я”》呪縛コストにするなどしてカバーしたい。

  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」及び「ロック オン ビクトリー」では大文字ゴウキが使用する全てのデッキで使用。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

とある魔導士の呪いを受けた魔法の剣。
普通の武器を装っているが、近づくとひとりでに動き、毒の仕込まれた刃で斬りつけてくる。
「近づく者を斬れ」という単純な呪いに従って動いているだけで、一切の意思は持ち合わせていない。

  • 《クラッシャー・フランチェスカ》のイラストに居ることから夜薔薇海賊団と行動を共にしていた時期もあると思われる。
    • 「一切の意思は持ち合わせていない」という割にフランチェスカの治療から逃げ出そうとしている辺り、防衛本能位は備わっているのだろう…。
  • 「カットラス(Cutlass)」は刀剣の一種で、刀身が短い曲刀。海賊の武器としてのイメージも比較的強い。

FAQ 節を編集

  • Q73 (2012-09-20)
    Q. リアガードのこのユニットの『【ソウルブラスト】』は、ヴァンガードの下にあるソウルから払うのですか?
    A. はい。リアガードにソウルが置かれることはありませんので、リアガードの能力であっても、ヴァンガードの下のカードをドロップゾーンに置きます。
  • Q77 (2012-01-14)
    Q. 『登場した時』に発動する能力は、登場した時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜魂乱舞BT02/025 R イラスト/hippo魔法の剣はお買い得。敵も切れるし、呪いつき。