【ペイルムーン】 節を編集

概要 節を編集

 ソウルからスペリオルコールを駆使するデッキ
 ブースターパック魔侯襲来」より、クラン統一でデッキ構築可能になっている。

 同じくダークゾーン属する、【ダークイレギュラーズ】ソウルの枚数に依存するデッキであるならば、こちらはソウルの質に依存すると言える。

 強力なヒットした時の能力が多く、個々のユニットアタックの質はかなり高い。
 一方で展開力は平均レベルに留まり、パワーも一度ソウルの入れ替えを介さないと上昇しなかったりと、扱いやすいとは言い難い。

 第一にソウルチャージソウルインを駆使し、手早く攻撃の要となるカードソウルに揃える事。
 第二に戦線の確保をスムーズに行うためのスペリオルコールの起点となるカードを確保すること。
 この二点をを心掛けたい。

 プレイング面では強力なガード強要能力を活かしつつ序盤から相手手札をしっかり削りつつ、足りないダメージソースを能力を駆使して追い上げる事を意識したい。

 いずれにしろ、見た目もプレイングも構築も、非常にトリッキーなデッキと言える。

構築について 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 ソウルの「質」を問われる為、ソウルチャージで特にコンバットトリックに絡められないカードソウルに置かれたり、要となるユニットをピンポイントで退却させられると、途端にジリ貧になる。

 特に展開力が高く無い為、退却手段が豊富な【かげろう】【なるかみ】は苦手な部類となる。

関連リンク 節を編集