《バニークイーン・ビーストテイマー/Bunny Queen Beast Tamer》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ペイルムーン - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4):[【カウンターブラスト】(2)] あなたのカード名に、「ビーストテイマー」か「獣使い」を含むユニット1枚につき、あなたのソウルから1枚まで選び、別々の(R)にコールする。そのターン中、この能力は使えなくなる。
【自】:このユニットが(V)に登場した時、あなたの山札から1枚探し、ソウルに置き、その山札をシャッフルする。

 ファイターズコレクション2014で収録されたグレード3のペイルムーン

 リミットブレイクは、1ターンに1回、カウンターブラスト(2)で「ビーストテイマー」か「獣使い」のユニット1枚につき、ソウルから1枚までスペリオルコールする起動能力

 自身が「ビーストテイマー」なので最低でも1枚は保証され、最大で5枚までスペリオルコールできるが、その場合リアガード全てをユニットの重複処理退却させてしまうことになり、それを避けるなら最大3枚となる。

 「ビーストテイマー」には《麗しきビーストテイマー アレクシス》《シンハライト・ビーストテイマー》等、ジェネレーションブレイク(1)の制限付きだが前列要員としてそれなりの性能を持つカードが存在しているので、前列要員の確保手段は申し分ない。
 後列要員も多少扱い面もあるものの、及第点のパワーを持つ《オブシディアン・ビーストテイマー》《シンハライト・ビーストテイマー》と組み合わせることでパワー21000ラインを見込める《ターコイズ・ビーストテイマー》が利用できる。

 ヴァンガードサークル登場した時限定だが、ノーコストかつソウルインするカードの制限が緩くなった《夜空の舞姫》のような能力も持ちあわせている。
 汎用性が高く、《クリムゾン・ビーストテイマー》ソウルインする手段としてだけみれば、同じ誘発条件を持つ《バーキング・マンティコア》より格段に使いやすい。

 混合クランデッキにする際には、クロスライド要件となるカードソウルインしたり、1枚の《スカイダイバー》を複数回使い回す等のコンボが狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“ペイルムーン”発足時から所属している最古参の獣使い。よって年齢はヒミツ。昨今は他愛のない芸ばかりを行っているが、かつては「クイーン・オブ・ビーストテイマー」とまで呼ばれた練達の演者だったという。その腕は錆びついてしまったのか、それとも振るわない理由が別にあるのか。

FAQ 節を編集

  • Q912 (2014-05-02)
    Q. リアガードに「ターコイズ・ビーストテイマー」が1枚と「銀の茨の獣使い マリチカ」が1枚あり、ソウルに「クリムゾン・ビーストテイマー」が2枚と「銀の茨の獣使い エミール」が2枚ある時、このユニットの【リミットブレイク】能力で何枚コールできますか?
    A. 3枚です。この【リミットブレイク】能力ではあなたの(V)と(R)にある、カード名に「ビーストテイマー」か「獣使い」のいずれかを含むカードの枚数だけ、ソウルからコールできます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2014FC02/021 イラスト/喜久屋めがねふふふ、女王様って呼んでもいいわよ。