《ゴールデン・ビーストテイマー/Golden Beast Tamer》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ペイルムーン - ヒューマン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)/(R)】:拘束(このユニットはアタックできない。)
【起】【(V)/(R)】:[【ソウルブラスト】(3)] そのターン中、このユニットは『拘束』を失う。
【永】【(V)】:あなたのターン中、前列のあなたの《ペイルムーン》のリアガードすべてのパワー+3000。
【自】:このユニットが(V)に登場した時、あなたのソウルから《ペイルムーン》の〈キメラ〉を1枚選び、(R)にコールする。

 コミックスタイルvol.1で収録されたグレード3のペイルムーン

 前列リアガードすべてにパワー+3000を与える永続能力はかなり強力。
 ただ単独でパワー10000以上を出せるユニットを並べればクロスライドに対応しやすく、グレード1を使ってもパワー7000以上でパワー21000ラインも目指せるようになる。

 単にブーストしただけでは合計パワー21000ラインにも届かない《ナイトメアドール ありす》等、【ペイルムーン】にはアタックヒットした時に能力誘発するリアガード要員への優秀なサポートになる。
 ブーストのないスペリオルコール後にもパワー11000以上を保てるのもポイント。

 また、ヴァンガードサークル登場した時にソウルキメラスペリオルコールする。
 ソウルキメラがいればライドすることで生まれるディスアドバンテージスペリオルコールで相殺できる。
 「ペイルムーンキメラ」はグレード3に《ファイヤーリング・グリフォン》《ミッドナイト・インベイダー》グレード2に《バーキング・ケルベロス》等がおり、グレード1にもパワー7000の《ドリーミー・アンモナイト》がいるためブースト役を確保することもできる。

 なお、スペリオルコールは強制なので、リアガードサークルの空きや後述の拘束も合わせて注意しておくべきだろう。

 拘束によって自身のアタックが制限されており、自身の起動能力を踏まえても1回は拘束を失うことができるが、【ペイルムーン】ソウルの質を高めることには長けていても量を稼ぐのはそれほど得意ではなく、起動能力を使用できるのはせいぜい3回が限度で、だいぶ燃費が悪い。
 序盤にライドしてしまい、わずか数ターンドライブチェックできなくなった等という事態は避けたい。
 十分に強力な能力を有するので、基本はゲーム終盤、できればゲームセットが見える時にライドするか、コストが払えなくなった時点で超越に切り替える等の工夫をしておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

危険な獣も傅かせる美貌の魔獣使い。 テイマー達のリーダーでもある。
こと獣の扱いに関しては恐ろしい程の手腕を持ち、その金枝の鞭の快音が鳴り響けば、
どんなに獰猛な魔獣たちもその場で立ち竦んでしまうと言われている。
麗女の虜となった獣たちは、彼女のためであればどんなに危険なショーですら躊躇いなくこなす。
それが従僕となった者に許された唯一の喜びなのである。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースターコミックスタイルvol.1EB01/004 RR デサイン:伊藤彰 イラスト:碧風羽いくよお前達! 命を下す! Go(ゴー)Fight(ファイト)