《ミス・ディレクション/Miss Direction》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ペイルムーン - サキュバス パワー8000 / シールド5000 / ☆1
【自】【ソウル】:他のあなたの《ペイルムーン》がソウルから(R)に登場した時、あなたの《ペイルムーン》のヴァンガードがいるなら、このカードを(R)にコールしてよい。コールしたら、そのターンの終了時、このユニットをソウルに置く。

 無限転生で収録されたグレード2のペイルムーン

 他のペイルムーンソウルからリアガードサークル登場した時に、ソウルの自身をそのターン限りでスペリオルコールできる。

 事前にソウルに送った上で他のソウルからのスペリオルコール手段を用意する必要がある。
 いずれも【ペイルムーン】における一般的なギミックであり、そこまで難しくはない。

 スペリオルコールしたターンの終了時にソウルインするが、そもそもノーコストなのでディスアドバンテージは全くない。
 先に《パープル・トラピージスト》などの能力コストにすれば完全なアドバンテージに変えられる。
 リアガードサークルを空けることで退却呪縛への耐性を持てるとも言える。

 同様にソウルから自身をスペリオルコールする能力を持つ《ピー・カー・ブー》と異なり、自身の能力以外の方法でコールした場合はソウルインが発生しない点では比較的使いやすいと言える。

 なお、誘発条件が満たされた時に複数枚ソウルにあればその全てをスペリオルコールすることができる。
 低パワー前列要員なので複数展開するとむしろ邪魔であることは多いが、《銀の茨の竜使い ルキエ》自動能力の多重誘発を狙うことなどもできる。

 《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》なら起動能力で安定してスペリオルコールを狙い続けることができる。
 《パープル・トラピージスト》スペリオルコールしてその能力コストにしたり、《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》起動能力コストに使うことでアドバンテージを得る流れも狙いやすい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

奇術師達の片腕を務める手練れのサポーターにして、高位の幻術を使うサキュバス。自らの意思でサポーターに留まっているが、魔法と見紛う程の奇術の腕も持ち合わせている。かつてはダークゾーン全域を転々とし、その美貌と技術を駆使して何人もの悪魔や人間を餌にしていたが、ある奇術師との出会いが彼女の行為と足を止めさせたのだという。本来の相方であるはずの奇術師が何者なのか、出会った時に何があったのか。今まで多くの同僚が彼女に聞いてみたとの事だが、全てはぐらかされてしまう上、しつこく迫りすぎると三日三晩恐怖で眠れなくなるほど恐ろしい幻覚を見せられるとの噂もあり、真相はおいそれと探れないらしい。夢と幻の狭間に生きる謎多き女性。彼女の視線は真実と虚構を「入れ替える」のではなく、「すり替える」。例えわかっていても、その誘いから逃れる事はできない。

  • 「ミスディレクション(misdirection)」は「誤認誘導」の意味。手品などにおいて観客の注意を逸らす手法のことを指し、カード名はそれに女性への敬称である「Miss」を掛けていると思われる。
    • 「私は一人で仕事をしている。だが、私には見えないアシスタントがいる。彼女の名前はミス・ディレクション」とは、ミスディレクションの名人と言われるマジシャンのジョン・ラムゼイ氏の言葉。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/079 C イラスト/藤ちょこミスの意味? 貴方はどっちだと思う?