長靴(ながぐつ)をはいたキャットナイト/Cat Knight in High Boots》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ペイルムーン - ハイビースト パワー5000 / シールド10000 / ☆1
奇術 - 【自】【ソウル】【Gブレイク】(1):他のあなたのユニットが(V)に登場した時、このカードを(R)にコールし、そのターンの終了時、このユニットをソウルに置く。
奇術 - 【自】【Gブレイク】(1):このユニットがソウルから(R)に登場した時、ソウルから「長靴をはいたキャットナイト」以外のカードを1枚まで選び、(R)にコールし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットをソウルに置く。

 刃華超克で収録されたグレード0のペイルムーン

 1つ目のジェネレーションブレイク(1)は、他のユニットヴァンガードサークル登場した時に自身をスペリオルコールし、そのターンの終了時に自身をソウルに置く奇術自動能力

 2つ目のジェネレーションブレイク(1)は、ソウルからリアガードサークル登場した時にソウルから《長靴をはいたキャットナイト》以外のカードを1枚までスペリオルコールし、そのターンの終了時にこの効果スペリオルコールされたユニットソウルに置く奇術自動能力

 ファーストヴァンガードとして使用できるグレード0のカードだが、先駆ではなく、《リトルウィッチ ルル》能力にそれぞれ似た誘発条件を持つ2つの能力を持つ。

 いずれもジェネレーションブレイク(1)の制限があるためタイミングが些か遅く、最速でも6ターン目までは他の先駆持ちのファーストヴァンガードに比べて1枚分のディスアドバンテージを負うことになる。
 だが、ターンの終了ソウルインする時限誘発付きながらコストなしに自身を含めた2枚のリアガードの確保が行える能力は非常に強力。
 時限誘発の存在により最終的には直接のカードアドバンテージを得るには至らないが、再度の誘発を考慮すればかえって都合がよい。

 1つ目の自動能力は、ノーマルユニットライドまたは双闘した時はもちろん、Gユニット超越することでも誘発するため、継続的にアドバンテージを稼ぐ機会を得られる。
 ソウルにさえ置いておけばいいので、ファーストヴァンガードとしてはもちろん、2枚目以降のこのカードを、なんらかの手段でソウルに置く戦略も考えられる。
 《夜空の舞姫》ならば確実にソウルに置くことができるので相性は良い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1911 (2016-02-18)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1952 (2016-02-18)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/036 R イラスト/ぴよ乙女を守るのは、にゃいとの役目にゃ!