光角怪人(こうかくかいじん) デンジャラスホーン/Light Horn Muatnt, Dangerous Horn》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
メガコロニー - インセクト パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの手札から1枚選び、公開してよい。公開されたカードか、あなたのヴァンガードが「ダークフェイス」を含むカードでないなら、そのターン中、このユニットのパワー-5000。
【永】【(R)】:あなたの「ダークフェイス」を含むグレード4のヴァンガードがいて、相手の【スタンド】しているリアガードが1枚以下なら、このユニットのパワー+6000。

 The AWAKENING ZOOで収録されたグレード2のメガコロニー

 1つ目の能力は、ヴァンガードサークルリアガードサークル登場した時に手札から1枚を公開でき、そのカードか、ヴァンガードが「ダークフェイス」のカードでないなら、パワー-5000を得る自動能力を持つ。

 《グロウヒーター・ドラゴン》等と同様に3~4ターン目でパワーを減少を抑えるには事前に《新星怪人 リトルドルカス》等で「ダークフェイス」のカード手札に確保する必要があるが、首尾良く回避に成功すればそのターン中は勿論、以降のターンでその公開したカードライドすることで、それ以降にコールする2枚目のパワーの減少も回避ができる。
 仮にパワーの減少の回避に失敗した場合でもブースト役を用意しておけば最低限のパワーの確保は行え、次のターンからはパワー10000のユニットとして運用できるため、ライドしておけば《ブラッディ・ヘラクレス》と同様に相手の速攻の抑制、あるいはブーストの強要を誘い、スタンド封じ等の効果目標にする相手ユニットの増加が狙える作用が期待できる。

 2つ目の能力は、「ダークフェイス」のグレード4のヴァンガードがいて、相手スタンドしているリアガードが1枚以下なら、パワー+6000を得る永続能力

 前半の要件に元々対応するカード《暴虐怪神 ダークフェイス》のみとなっているため、多用性を求めるなら「ダークフェイス」のカードハーツ化することを前提とすることになる。

 後半の要件相手スタンドしているリアガードの枚数が2枚以上でなければよいので満たしやすく、それも満たして有効化すれば単体パワー16000の有用なリアガードとして運用可能となる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

犯罪結社“メガコロニー”の中級怪人。額に1本、側頭部に2本、計3本の光輝く角が名前の由来となった怪人であり、この特徴的な角から高熱の光線を放つことができる。鉄をも溶かす光線の温度は推定1600℃。中級怪人の中では最大の攻撃力を持っており、自らを「最強の矛」と称している。女王の忠誠心は厚く、女王とその血を色濃く受け継ぐ直系の上級怪人たちを「王家」と呼び、彼女らを崇拝している。唯一の弱点は砲撃中に無防備となってしまう点。彼の全身を覆う外殻は、熱すると柔らかくなり、冷ますと硬くなるという、いわば金属のような特性を持っている。光線発射の際には否応なく体温が高まってしまうため、この時だけは堅牢な外殻もただのハリボテになってしまう。

  • 三本角があり、かつ頭角が存在しないことからモチーフは「アトラスオオカブト」だと思われる。
    • 「アトラスオオカブト」は東南アジアに生息しており、非常に気性が荒いことで有名。日本ではもっともポピュラーな海外産のカブトムシと言え、ホームセンターやペットショップで比較的よく見かけることが出来る。
    • アトラスオオカブトの仲間は「カルコソマ属」という分類がされており、このカルコソマ(Chalco-soma)とは日本語で「青銅の体」を意味し、金属のような光沢を持つと言う特徴がある。ユニット設定にある金属のような体を持つ点はそこから取られているのだろう。

FAQ 節を編集

  • Q3857 (2017-12-08)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe AWAKENING ZOOG-EB02/025 R イラスト/ショースケ我は王家を守る最強の矛なり。